うちの子ADHDかな?衝動性・不注意・多動で病院の受診を迷っているママへ

ADHD 衝動性




こんにちは、えりえりです!

子どもが元気なのは当たり前。
そう、子どもはエネルギーの塊ですよね^^

でも、「元気」なのと「元気すぎる」のはちょっと違う。

うちの子って他の子とちょっと違うのかも、と感じたことのあるママは是非読んでくださいね。

 

今回のテーマは

衝動性

 

ADHDの子の特徴は3つ
  1. 衝動性
  2. 多動性
  3. 不注意

今回は「衝動性」を取り上げてみたいと思います。

 

1~2歳児であれば当然のようにある衝動性。目の前にある魅力的なおもちゃに手が伸びる、今すぐ欲しい、我慢できずに泣く…など。

3、4、5歳児となるにつれて、理性の発達と共に、だんだん薄れてきますよね。自己コントロールができるようになるというか。

 

ですが、ADHDの子の場合はずっとこの衝動性が残ってるんです…ガーン(衝撃)

今回は、私の育児体験と共に、衝動性があるADHDの子を育てるということについて書いてみたいと思います。

 

今のあなたが抱えている困り感のご参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク

ADHDのこんな症状でお困りではありませんか?

衝動性の例
  • 人の話を集中して聞くことができない
  • 順番が待てずに割り込んでしまう
  • 時と場所をわきまえずにしゃべり続けてしまう
  • 集団行動が苦手で、友達ができにくい
  • かんしゃくを起こしやすい
  • 物事を順序立てて行うことが苦手
  • 友だちや兄弟にちょっかいを出したり、邪魔したりする
  • 相手の話を最後まで聞かずに答えてしまうことが多い
  • じっとしているのが苦手で落ち着きがない

 

これらはADHDの症状の1つである「衝動性」の例です。

セルフチェックシートを確認したら、うちの子はほぼ全部に該当するので、苦笑してしまったw

どんな子でも多少の衝動性はあると思うので、親が気にならない程度なら、それほど心配することもないんだと思います。

ただ、日常生活に支障が出ている場合はそんなこと言ってられませんよね。

毎日毎日、めっちゃ困ってんねん!(# ゚Д゚)

というレベルだとやっぱり対策を考えないといけないと思う。

今すぐ病院にかかりたい~と思っているならこちらから検索できますよ。
ADHDの病院検索ナビ

我が家のケースでひどかったのは…

  • ベランダや2階など高い所から物を投げてしまう
  • 聞こえた音を全て拾ってしまい、会話に割り込んでしまう
  • 集団行動が苦手で教室内にずっといられない

 

ADHDの6歳児男子がいる我が家のケース

現在6歳の息子は1歳を過ぎたあたりから、衝動性を見せ始めました。

でも、正直言ってこの頃は、「衝動性」が何か全くわかっていなかった母親です。

今になって「ああ、そういうことだったのか」と合点してますがw。

でもでも、当時の「困り感」はハンパなかった。うちの子がどうしてそういうことをするのか全く理解できなかったし。

特徴的な「衝動性」~我が家のケース
  1. ベランダや2階など高い所から物を投げてしまう
  2. 聞こえた音を全て拾ってしまい、会話に割り込んでしまう
  3. 集団行動が苦手で教室内にずっといられない

 

もの投げの悪夢は1歳から

もうなんでもかんでも。手に取るもの全て。
服、靴下、おもちゃ、本、コップ…

目に映ったもの、視界に入ったものぜ~んぶ。

 

ママ友や保育士さんからは

遊んで欲しいんじゃない?

何か訴えたいことがあるんじゃないの?

とヒントをもらえたんだけど、必ずしもそうではなかった。

たっぷり遊んであげた後でも、主張を言い終えたあとでも、ポンポン投げてたな~。

きっと楽しかったんだと思う。どんなに注意されても。

半分いけないとはわかっていながらも、止まらない。止められない。だから衝動性と呼ばれるんだよね。

興奮してくると、高い所から投げてみたり、キッチンカウンターごしにポーンと投げたり、4~5歳ぐらいになってくると2階の窓から本やクッションや服を投げてきた~!

こっちとしても、怒りを覚えはじめて「バカヤロー!」って叫びたい気分だったよ。叫んでたかもw。叫んでたねww。

それぐらい収集のつかない事態。

6歳になった現在でも、たまに投げてます。だいぶ減ったけどね。

 

音を拾って、会話に割り込んでしまう」パターン

「会話に割り込む」と表現すると、故意でやっているようなネガティブな印象だけど、つまりは「聞こえてしまうから、自分でそれを口に出してしまう」。コントロールできずに。

 

ADHDの子って、聞こえてくる音がぜ~んぶ同じ音量で聞こえているらしい。これはNHKのあさイチでも言ってましたね。

 

何か音が聞こえたらすぐに反応してしまう。

例えば、外で飛行機やヘリコプターの音がすると必ず訴えてくる。カラスなど鳥の鳴き声にもすぐ反応して、「カラスだ~」とか言いますね。

 

そのレベルでは生活に影響はない。

 

で、どのレベルで生活に影響があるかというと、人の会話に混じってくるとき。勝手に参加してくるとき?!w

 

病院の待合室で、道ばたで、教室で…etc。どこでも、自分が耳にした誰かの会話の内容(単語)をそのまま繰り返すんです~。

 

地獄耳とも言う??

だから、本人の目の前で担任の先生と会話するときは大変。いちいち邪魔してくる。会話にならない。

ママ友との会話にも割り込んでくるくる。世間話とかできないレベル。

じいちゃんばあちゃんとの会話にもどんどん入ってくるね。だから、連絡事項とか確認できないこともしょっちゅう。本人が学校へ行ってから、ややこしい話をするようにしてます。いや~、気を使いますよ、日常的に。

本人に悪気はないとわかっていても、こっちはイライラ~。ちょっと面倒だよね。

息子が同席しているときは、大人同士の会話をゆっくり楽しむことは不可能です^^

スポンサードリンク

もう諦めました~


 

➌集団行動が苦手なケース

集団行動にはいろいろとルールもあるし、ルールを守るのが苦手な子もいるよね。私も集団行動は好きな方ではないから。

で、ADHDの子の場合はどうかというと、集団行動が好き嫌いという次元ではなくて、

「できない」

やろうとしても「できない」。

本人の努力の問題ではない

うちの子は保育園でつき組だったんですが、自分がつき組に所属していることは自覚していても、その中だけでおさまらない。

となりのほし組へ行ったり来たり。すみれ組の方にも顔をだしてうろうろ。

最後にはつき組にちゃんと戻ってくるんだけど、遊びの時間や体操の時間の途中で出たり入ったり。

運動会の練習のときも、何度も抜け出しては戻ったりを繰り返していたようです。担任の先生から聞いた話。

先生がそこのところを理解してくれていたので、

許容してもらっていました。ラッキーな息子。

そして、先生もつき組の子たちに息子の特性を説明してくれて、「〇〇くん(息子の名前)はそういうことをしてもいいんだよ」と友だちからも承認されていた。

いま思うと、本当に恵まれていたと思う。わが子よ、君はツイていた。

家でも食事中は部屋をうろうろしてます。食事の途中でユーチューブ見て、また戻ってきたり。残しそうなときは、口まで運んでやると食べる。食べる気はあるのに、集中力が続かないから手伝ってあげるしかない。今のところ。

息子の特性をよく理解していなかった頃はよく注意して叱っていました。

座って食べなさい。

ま、これは普通の注意の仕方ですよね。しつけの言葉なので、どの家庭でも聞かれるフレーズ。

で、何が違うかというと、怒ってしかりつけたり、脅して食べさせたりすることが減った。なくなったとは言えないところがw。

ちゃんと座って食べなさい!!!(怒鳴り声)

最後まで座って食べないと、もう遊んであげないよ!怖~いオバケが来ちゃうよ!

みたいなことを私が言わなくなりました。

悪気があってやっているわけではない子に向かって、怒鳴りつけても効果は薄い。

恐怖心をあおっても何も良いことはありません。余計に怖がりな不安な子になるだけです。自信のない子になっていくだけ。

スポンサードリンク

ADHDの衝動性 困り感をどうにかしたいなら病院を予約しよう

保育園ではうろうろしててじっとしていられない。お家では物をポンポン投げるし、静かにしていられない。

当時の私は疲れ果ててげっそりしていました。ゾンビ状態でしたね。

あなたは大丈夫ですか?

あなたは充分頑張っているので、これ以上我慢しないでいいんです。

こんな悩みはありませんか?

  • 同じ園のママ友と話しても、そういう困り感の共通の話題がない。
  • お迎えのとき、我が子の後を追いかけるのに忙しくて、ママ友とゆっくりおしゃべりする余裕がない。
  • 何かやらかしやしないか、常に「見張る」状態で、へとへと。
  • 孤独を感じている。

 

私の場合、

疲れ果てて

たどり着いた先が児童精神科でした。

うちの子の場合は、躁状態が続いているということで、ADHDだけではないようだということもわかったんですね。

言葉の理解や言葉の発達も同年齢の子どもよりゆっくりだということで知的レベルが低め、とか。

他人とのコミュニケーション能力で特徴があるとかで、社会性の面でアスペルガー症候群っぽいとも言われました。

いろいろと診断されて、ショックというより、「助けてください」という気持ちが強かった。

めちゃめちゃな我が家をなんとかして、先生!ヘルプ!HELP ME~~~!!!

これがそのときの私の心の声。

 

ADHDの症状は薬で改善するから大丈夫

薬はいろいろと試せます。合う薬に出逢えるまで続けてみましょう。

我が家が試した薬の種類
  • デパケンシロップ
  • エビリファイ錠
  • コンサータ錠

その子に合う薬というのがあるらしくて、うちの子の場合はまずはデパケンを飲みました。てんかんや躁病などに使われますね。飲みやすいシロップで出してもらいました。

数か月試してみて、あまり症状が変わらないので、今度はエビリファイ錠に変更。精神安定剤ですね。統合失調症や双極性障害にも使われます。

途中で、多動性が気になった時期があり、ADHDの代表的な薬、コンサータ錠を試そうとしたんですが…。飲めませんでした。コンサータ錠は一気に飲みこめないとダメなんですね。

エビリファイ錠は噛み砕いて飲んでいいタイプなので、ジャムやコンデンスミルクに混ぜたりして飲めますよ^^

薬を飲み始めてから1年半ぐらいになりますが、現在はエビリファイ錠を飲み続けて安定しています。

初めの頃は、私も相当疲れていたので、先生はママの疲れの方を心配して「いったんガツンと効かせてみましょう」となり、多めに処方されました。薬の量が多すぎて眠りこけてしまっていましたね。

心配になったので、試しながら、量を調整して今の量におさまりました。

本人の成長もあるでしょうけど、薬がじわじわと効いている感じがします。

以前ほど

衝動性がひどくない!

■薬の効果は絶大■

同時に、穏やかな生活を心掛けるようになったおかげ。刺激を受けると衝動性も強くなるようです。

子供の特性を知り、お医者さんや心理士さんなどからいろいろと「こうしたらいいよ」という助言をもらえたことは良かった。

定期的に病院へ行くようになり、お薬を飲んだおかげで…

物を投げる回数が減りました。会話に割り込んでくることや、落ち着きのなさは変わりませんが、以前より断然マシ。

親が我慢できるレベルにまで持っていけた!

要するに程度の問題なんですよね。親が我慢できる程度なら、落ち着きなかったり、うろうろしてくれても全然いいと思います。

本人が苦しんでいたらもちろん何とかしなくてはいけないけど。

我が家の場合は、第三者の助けがないと乗り越えられなかった。病院、クリニックの先生、お薬に感謝。

あなたのお近くの病院はこちらから探せますよ。
ADHDの子どものための病院探し

もし、あなたがココロも体もへとへとになっているのなら、病院へ行くと良いと思いますよ。あなただけでなく、家族も笑顔になれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。かなり我が家のケースを色濃くご紹介してしまいましたが、ADHDの子どもの特徴の1つである「衝動性」を取り上げてレポートしてみました。

あなたのお子さんはどんなお子さんですか?

大好きな存在、愛おしい我が子だけど、衝動性のせいでとても困っているママ、迷わずクリニックを受診してみてください。

きっと手を差し伸べてくれるお医者さんに出逢えます。合うお薬に出逢えます。

あなたのご家庭の平和を願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)