熱中症対策どうすれば?小学校の夏休み中の学童や水泳指導では?

熱中症 子ども




こんにちは、えりえりです!

熱中症で搬送される人が多いですよね。

命を落としてしまった小学生のニュースには衝撃を受け、同じくらいの年齢の子供を持つ親としては胸が締め付けられるような思いです。

なんとかして、子どもの熱中症を防ぎたい。

これから夏休みに入るけど、親と離れて子どもが無事にこの暑い夏を健康で過ごせるのか心配です!!!

小学校に入学したばかりのお子さんをお持ちの親御さんだったら、なおさら心配なことと思います。

「小1の壁」なんて言いますけど、共働き家庭では、すぐに子どものところへかけつけてあげることもできない。

学童や水泳指導での子どもの熱中症対策はどうすれば良いのでしょうか。

 

熱中症対策!小学校の夏休み中どうする?

少しずつやっておけばよかった~と思うのは、暑さになれさせること。

熱中症対策に大事なことの一つは、本格的な暑さが到来する前に、適度な運動をしたり、日ごろから外遊びなどして、外の暑さに慣れておくこと。

 

最近では5月に運動会をする小学校も増えてます。

5月~6月の暑さ、この何年かで経験してるとは思いますが、既に暑いですよね💦

 

私も今年は暑くて早く帰りたかったです。。。

お弁当を食べ終えてからの、午後のプログラムのきついこと。

保育園時代はお弁当もなく、午前だけで帰れたのに~。

小学生って大変ですよね!!!

 

うちの子は、うまく水分補給出来なくて熱中症になりました。

数日間はぐったりで、めまいもしたようでした。

本当にかわいそうだった涙。

 

だから、日ごろから水分補給を取る練習、暑さに慣れる練習必要だなと実感。

今なら、比較的涼しい朝や夕方に外に出て、遊ぶという工夫をしてみてもいいですね。

午後1~2時に公園で遊ぶのは絶対にNGです!!!できるなら、昼寝をした方が体にもいい時間帯。

 

熱中症対策!夏休み期間の学童では?

4割の小学校で冷房がついていないという話。

衝撃です。

今は、どこのお店に入っても冷房はがんがんきいているというのに。。。

差別じゃない?

というか虐待じゃない???って思ってしまう。

暑さに一番弱いのは、子ども(プラス高齢者)なんだから。

 

扇風機だけでも、熱風が回るだけで、体温は下がらない。

やっぱりエアコンは必要。

 

職員室だけエアコンが付いてる学校は、「差別」レベルだと思う。実際に、まだそういう学校あるんだよね。

予算がない?なんとか予算作ってください!!!

子どもの命にかかわりますから。

スポンサードリンク

 

共働き家庭の親は心配で仕方ないですよ。

学童へ通わせないと働けないから。

学童にエアコンなかったら、預けたくないですから。

 

お金払ってでも、民間の学童とか預かってくれるところ探しますよね。

学校には託せない。。。

おじいちゃんおばあちゃんに懇願してヘルプしに来てもらうとか。

 

保育園の方が、冷暖房きいてて、子ども一人一人の体調をチェックしてくれて、手厚かったな~と。

保育園は働く親の味方!

 

小学校は教育機関だから、いちいち子どもの体調チェックまで細かく見てもらえないという悲しい厳しい現実。なんとかならないのかなあ。

 

家庭でできる熱中症予防策としては、

栄養バランスのとれた食事をとること

充分な睡眠

体の免疫力を上げる!!!

 

あとは、速乾性のある下着を子どもに着させる。そして、学童へ送り出す!!!

 

熱中症対策!夏休みの水泳指導では?

夏休み始まってすぐの、たいてい7月下旬に学校の水泳指導がありますよね。

そして、お盆休み明けの8月下旬。

お決まりのようにプール登校日っていうのがある。

強制参加ではないけれど、親としては少しでもプールに慣れて欲しいとか、集団生活に参加して欲しいとかいろいろ理由はあって、参加させますよね。

プールに入る日は、もちろんお天気の良い日。

雨の日は入れません。

公立の学校であれば。温水プールなんてないはずだから。つまりは、カンカン照りなんですよ~💦

雨の日や曇りの日なら、少しは気温も下がってくれて過ごしやすいんだけど、そうはいかない。

どうしますか?熱中症対策!!! 

 

水分補給が鍵となると思うので、水筒は必ず持たせたいですよね。

行きかえりの道中でも暑さでバテバテになりますので、首にはひんやり冷やす用の冷感タオルを巻く。

これだけでもかなり効果的です。

 

熱中症予防には牛乳が効くらしいです。

牛乳の中に含まれるある成分が、熱中症予防に効果的だとか。

朝食で牛乳を一杯飲むと良いかもしれません。

 

ロングライフ牛乳を家にストックしておくと良いかも。

しょっちゅう買いに走らなくて済むし、何より災害時にあると便利だから。

 

まとめ

子どもの熱中症対策について、学校の水泳指導や学童のときの注意点などについて書いてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)