銀河鉄道999実写ドラマ化よりも生放送トークが面白い?舞台も気になる

銀河鉄道999 実写ドラマ化




こんにちは、えりえりです!

銀河鉄道999が実写ドラマ化されます。6月18日スタートですね。スカパー!での放映なので、有料チャンネルにはなりますが。

銀河鉄道999は、舞台の方もあります。40周年記念ということで、舞台と実写ドラマ化が同時に行われているのですね!

それにしても、すごい企画です。

キャストは、メーテルが栗山千明さんで、星野鉄郎がまえだまえだの前田旺志郎さん。

なんといっても、異例の生放送ということで、かなり緊張感がありますね。生放送のドラマってあまり聞いたことない。アドリブ入れてしまっても、カットできないんですよ?!いいのかな。

銀河鉄道999の実写ドラマ化が面白いのか、トークコーナーはどうなるのか、気になる舞台のことなどお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

 

銀河鉄道999の実写ドラマ化は面白いの?

言わずもがな銀河鉄道999といえば、松本零士さんの代表作であり、コアなファンも多いですよね。ですから、「絶対に見る!!」という人もかなりの数でいると思います。

反対に、原作が好きならその気持ちを大切に、今回の実写ドラマ化は観ない方が良いという見方もあるようです。どちらが正しいとは言えませんが、保守的に原作をとるか、冒険と進化を楽しむか、の違いですね。

温故知新じゃないけど、原作の良さを大切にしながらも、次のステージへ進むのはありですよね。というのも、新しく何かを生み出していかないと、新しい世代に伝わりませんから。わざわざこれからの子どもたちが古い漫画を引っ張り出してきて読むとも思えません。

メーテル役に栗山千明さんが抜擢されたことに賛否両論あるようですが、長身ですらりとしている栗山千明さんなら、案外いい線行けると思います。雰囲気が出ているという意見もあります。

アヤカ・ウィルソンのほうが良かったという意見もあるようですが。

 

栗山千明さんはクールなイメージがありますね。なんでも突き抜けて挑戦しちゃう栗山千明さんなので、今回のメーテル役を引き受けるのも迷いはなかったのかもしれません。

ただ、ご本人もコメントしているように、「未知数」なのだそう。ひたすらけいこを繰り返すしかないと覚悟を決めているようです。ストイックな女優さんですね。

スポンサードリンク

ただ、心配なのは「初のドラマ化」であるということ。誰も今までにやったことがないから、かなり注目されるし、失敗するとブーイングがすごそう。

そういう意味で、世間は怖いですからね。批評されるでしょう。どのように批評されるのか今後を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

銀河鉄道999のトークコーナーで中川晃教が司会を

銀河鉄道999の生実写ドラマ化よりもトークコーナーが気になる人も多いみたいですね。私もその一人ですが。だって、生放送でカットも失敗も許されない中、何をしゃべるの??

トークコーナーの視界は仙台出身の中川晃教さん。ミュージカル俳優でありシンガーソングライターさんですね。中川晃教さんに期待する声も多いようです。アッキーって呼ばれているのですね。

中川晃教さんは小学生の頃から作曲をしていたそうで、音楽の才能があるんですね!天才ですよ。日本初公演のミュージカル「モーツァルト!」で主演を演じ、数々の賞を総なめにしたという中川晃教さん。

中川晃教さんは、世界的な作曲家マイケルナイマン率いるマイケル・ナイマン・バンドの来日コンサートにゲスト出演をするほどの人なんですよ。23歳の若さで!中川晃教さんは現在35歳です。

中川晃教さん、司会を務めながらも、サービスで歌って頂けないでしょうか。期待しているファンもいますよね。

 

銀河鉄道999のファンの世代は

銀河鉄道999がこの世に出てから40年経ちます。それこそ、あらゆる世代から愛されてきた作品なので、その世代その世代によって、持っている印象とか思い出とか違うでしょうね。

50代ぐらいの世代以降の世代、アラフィフ以下の世代が最も観ていたでしょうか。

アラフォー世代もばっちり漫画を読んだり、アニメを観ていたりしていたと思います。

それぞれの思いがある中で、トークコーナーでも、俳優さん女優さんの個人的な思い出などが聞けるかもしれませんね。

松本零士さんは登場するのでしょうか。舞台の方ではホームページ上に挨拶を写真付きで載せているので、もしかするとトークコーナーにも登場するかもしれないですね。VTRとかも可能性あります。

銀河鉄道999の舞台も中川晃教が!

銀河鉄道999が今年で40周年ということで、かなりイベントが多くなっています。実写ドラマだけでなく舞台もあるんです。

しかも、ほぼ同時期にあります。東京公演が6月23日から30日まで。その後、北九州と大阪でも公演があります。現在でも、星野鉄郎と共に旅を続けているという松本零士さんは、「終着駅はまだまだ」と言っているそうですよ。

銀河鉄道999の舞台は、かなり力が入っていますね。

 

舞台の方は臨場感があふれ、興奮に包まれる感じがします。

なんといっても、実写ドラマ化トークコーナーの司会者である中川晃教さんが星野鉄郎を演じるのですから!今回の40周年の企画は中川晃教さんを中心に回っている気がしてなりませんね!

 

まとめ

いかがでしたか。銀河鉄道999が実写ドラマ化されるということで、果たして面白いドラマになるのかどうか、生放送のトークコーナーはどうなるのか、気になる舞台のことについて書いてみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)