岸恵子の自宅は横浜とパリ!本を書くため豪華な生活とは反対に地味な作家生活も!

岸恵子 横浜




こんにちは、えりえりです!

女優として作家として女性としての魅力が沢山詰まった岸恵子さん。

意志の強い瞳の輝きと美しい笑顔はいつ見ても惚れ惚れしてしまいますね。

「やりたいことはたくさんある。

やりたいことがなくなったら死んだほうがいい」

と述べていることからとてもアグレッシブなことが窺えます。

岸恵子さんの華やかな私生活や作家生活に関してまとめていきたいと思います☆

 

岸恵子の自宅はパリの高級住宅サン・ルイ島にある築400年のアパルトマン

岸恵子さんの自宅はセーヌ川の中州にあるパリの発祥地で有名なサン・ルイ島にあります。

サン・ルイ島は税金も非常に高いことからパリの高級住宅街に住んでいることが分かりますね☆

400年のアパルトマンとのことで年期も味も沢山詰まったご自宅なのだと思います。

岸恵子さんはフランス人映画監督イヴ・シャンピさんと結婚するためにフランスに渡られました。

惜しくも離婚をしてしまうのですが、その後も日本⇔フランスを往復しながら女優さんを行っておりました。

パリと日本を往復しながらのお仕事は大変なことだと思います。

岸恵子さんの凄さを改めて感じますね◎

こんな素敵な言葉も✨

岸恵子の横浜の自宅は実家の両親から受け継いだ築80年の日本家屋

岸恵子さんのご自宅はパリのみではなく神奈川県横浜市にもあります。

ご自宅を2つお持ちとのことで岸恵子さんの華やかな生活が窺えますね☆

横浜のご自宅は落ち着いた閉散な住宅街にあり、執筆活動に集中ができる環境であると考えられます。

自宅の2階のベッドルームに執筆用のデスクがあるとのことです。

岸恵子さんの自宅は段差の多い広い家なのですが、バリアフリーとは無縁な生活。

スポンサードリンク

しかしながら2018年に自宅で転倒してしまい、ろっ骨を2本骨折してしまったとのことなので心配になってしまいますね。

 

本を執筆中のため豪華な女優生活とは反対に地味な作家生活

フランスと日本を行き来しながら女優・作家として活躍されている岸恵子さん。

元々幼い頃から書く人になりたかったとお話しており、女優になった経緯はひょんなことからとのことです。


「君の名は」はベストヒットで涙した人も多かったですよね…

また岸恵子さんは「書くこと」こそが私が私である所以とおっしゃっております。

岸恵子さんの作家活動に対しての熱い気持ちが伝わってきますよね☆


書く作業って地道だし、孤独なもの。

岸恵子さんの強さが伺えます。

また代表作の「わりなき恋」はベストセラーの作品で高齢男女の恋に関して丁寧に綴られていると筆者も強く感じました。

created by Rinker
¥715 (2019/12/12 13:44:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

パリと日本2ヶ所に拠点があり、華やかな生活を送られている岸恵子さん。

1つの拠点で生活をすることも大変なことだと筆者は思います。

また女優と作家を同時に成功され活躍されている岸恵子さんはとても魅力的で女性の憧れの的だと感じました。

岸恵子さんのような年齢の重ね方を筆者自身も出来るよう日々努力をしていきたいと思いました。

これからの岸恵子さんの生活にも注目していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。



1 個のコメント

  • わりなき恋、発売すぐに読みました。主人公の伊那笙子は、あなたと重なるとても好きでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)