西城秀樹の告別式はいつ?葬儀場とお別れ会の場所はどこ?喪主は誰?

西城秀樹 コンサート




こんにちは、えりえりです!

昭和の大スター西城秀樹さんが63歳でお亡くなりになりました。昭和の男性アイドル御三家の1人ですよね。

「ヤングマン」や「傷だらけのローラ」など大ヒットしましたよね。ハスキーボイスや格好良い歌声に胸がキュンキュンした女性ファンも多いですよね。

西城秀樹さんは2003年と2011年に二度に渡り脳梗塞を発症して、倒れていらっしゃいます。この15年間は闘病生活だったといって過言ではないですよね。奥さんやお子さんも、一緒になって病気を支えてくれたのでしょうね。そういうのを思うとじい~んと来てしまいます。

スポンサードリンク

 

西城秀樹が入院していた病院はどこ?

西城秀樹さんは4月25日から入院され、急性心不全で亡くなりました。

横浜市内の病院に入院していたとのことです。ご自宅から近かったのでしょうか。

横浜市はとても広いので、多くの大きな病院があります。

リハビリテーション科のある病院でいうと、あざみ野の江田記念病院や磯子区の関東病院などがありますね。

高級住宅街の本牧方面には本牧病院というのもあります。もちろん、リハビリテーション科と神経内科があります。

青葉区の市ヶ尾カリヨン病院には脳神経外科があり、入院施設もあります。西城秀樹さんのご自宅から近いところで、信頼できるお医者さんがいる病院だったかもしれないですね。

 

西城秀樹の葬儀場と告別式はいつ?

5月25日午後6時に通夜が行われます。

告別式は翌5月26日午前11時から執り行われます。

葬儀後には、西城秀樹さんを偲ぶ会やお別れ会が催される可能性は十分にあります。ファンや知人関係者の多い西城秀樹さんですから、大きな会が開かれることと予想されます。

西城秀樹の告別式とお別れ会の場所はどこ?

青山葬儀所で行われます。

青山葬儀所

所在地:東京都港区南青山2-33-20

青山葬儀所は国立新美術館のすぐそば。地下鉄千代田線の乃木坂駅から徒歩2分です。六本木駅からも10~15分ぐらい。

青山葬儀所といえば、数々の有名人の告別式が行われました。美空ひばり、いかりや長介、石原裕次郎など。

忌野清志郎の告別式のときは、43,000人の参列者がありました。

都内でもアクセスがよく、大規模な葬儀場です。

施設が広いので、故人の遺品などを並べて展示することも可能ですよね。ファンにとっては、故人を追悼するのに十分なスペースがあるかもしれません。

西城秀樹の告別式の喪主は誰?

西城秀樹さん妻である美紀さん(46歳)、あるいはご長男、慎之介くん(14歳)が務めることになるでしょう。

ちなみに慎之介くんはお父さんに似たのでしょうか、かなりイケメンです!妻の美紀さんが美人だからそれを受け継いだのかもしれませんが。

スポンサードリンク

西城秀樹を支えた妻と子ども

2003年、1度目の脳梗塞は治りも早く、障害も残らなかったそうです。ですから、安心していたのでしょう。

とはいえ、食事も運動もかなり気を使っていたようですよ。西城秀樹さんの妻は17歳も年下ですが、かなり献身的に健康管理を引き受けてくれていたのだと思います。娘が一人、息子が二人いらっしゃる西城秀樹さん夫婦ですが、奥さんは西城秀樹さんの体に気を使いながらの育児、大変だったことでしょう。尊敬しますね。

スポンサードリンク

 

西城秀樹は立てないけどステージを口パクで?

西城秀樹さんは亡くなる前年の2017年ぐらいから、立てないと噂されていました。リハビリも努力されていましたからね。

2011年の二度目の脳梗塞の後は、悔しい気持ちと無力感でいっぱいだったようです。「なんで自分が?」という気持ちがあったと思います。歩く気力すらなく、努力しようという気持ちもおきなかったとご本人が語っていたそうです。同情してしまいますよね。

ですが、障害が残ってしまったので、相当頑張ってリハビリされてきたようです。ですが、立てないけど座れる!と根性を見せてくれたのか、最後の方は座りながらステージに上がっていたようです。

その際、口パクだったのではとささやかれていますが、相当なリハビリをされていたので、歌うことは案外できていたかもしれません。歌手としてのプライドもありますから、口パクであったとは言い切れないですよね。週刊誌などでは、口パクではないかと書かれていましたが、ご本人は否定していたようです。

西城秀樹さんは、サッカーチーム川崎フロンターレの試合途中、ハーフタイムイベントに参加され、ダンスを披露していたというぐらいですから、体が動いていたとも言えます。

 

西城秀樹の舌ぺろぺろリハビリ生活とは?

二度目の脳梗塞で障害が残ってしまった西城秀樹さん。右半身の麻痺という、ご本人にとっても、ご家族にとっても大きなショックでした。

そして、声帯の神経も傷ついてしまったそうです。歌手としては命の次に大事な声帯。

言語障害まで残ってしまったため、「もう死んでしまいたい」とまで思っていたようです。

ろれつが回らない状態で話すというのは至難の業ですよね。

話せるようになる、歌えるようになるため、舌のリハビリを重ねたと言います。

舌をぺろぺろ出し入れする運動をしていたんですね。舌だけでなく顎の筋力トレーニングにもなるそうですよ!

 

まとめ

いかがでしたか。亡くなった西城秀樹さんの入院先や告別式の日時と場所などについて書きました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)