喜矢武豊(キャンゆたか)出演の舞台SHIRANAMIの評判は?イケメンでかっこいい?

喜矢武豊  舞台




ヴィジュアル系バンドゴールデンボンバーのメンバー喜矢武豊さんが1月に新国立劇場中劇場で公演される音楽活劇「SHIRANAMI」に出演されることが決まりました。

脚本・演出はG2さん、ショー演出は市川順由さん。

BOOWY、B’z、などのアーティストの演出を手掛けられた方。

喜矢武豊さんが「SHIRANAMI」でどんな演技を見せてくれるのか、楽しみで仕方ありません。

 

喜矢武豊(キャンゆたか)が幕末の舞台に出演するよ!

幕末の波乱の世の中に5人の泥棒が 別々に活動していたが、何かの運命に引き寄せられる様に、しだいに1つの事実にめをふさいではいられなくなる。

そんなストーリーの幕末を舞台にしたお話しに喜矢武豊さんが忠信利平役に挑戦!

喜矢武豊さん、忠信利平役にキャスティングされて…

インタビューでは「え?僕でいいんですか!?キャストさんを見ると僕だけキャスティングミスみたいに見えますけど…」と語っていました。

そんな喜矢武豊さんは、

 

2012年「死がふたりを分かつまで」で俳優デビュー。

 

2015年に舞台「GOKU」

2017年に「犬夜叉」

で初主演しているなどの舞台経験もある!

 

2013年には日本テレビドラマ「49」で初のレギュラー出演!

 

今回の「SHIRANAMI」でどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

 

 

喜矢武豊(キャンゆたか)の忠信利平役ってイケメン?

「忠信利平」とは、元浪人で剣の達人。

腕っ節は強く凄みがあり泥棒で、その反面で寡黙だが正義感が強くて優しい。

赤星十三郎の家臣です。

 

そんな忠信利平を喜矢武豊さんが演じますが、スッピンもカッコイイって言われてるキャン様。

スポンサードリンク

今までの舞台でもカッコイイって!

 

イケメンな一面をみせてくれていますが

「SHIRANAMI」のキャスト早乙女太一さん

伊礼彼方さんとのインタビューで

喜矢武豊さんが演じる

「忠信利平って無口な男」ということなので感情を出しづらい訳なので難しいだろうしって。

確かにゴールデンボンバーのイメージで忠信利平は難しそう!って思います。

そんなキャン様はギャップでカッコ良さが引き立てられ

イケメンな忠信利平になるのでは?!

 

喜矢武豊(キャンゆたか)の歌とダンスはかっこいい?

いつもはゴールデンボンバーのメンバーとしてギターや、パフォーマンスを担当してますがZepp Diver Cityでのbirthdayイベントで生歌を披露。

アコースティックギターを演奏しながらの歌声がキャン様が上手いカッコイイと評判に。

 

また、舞台「犬夜叉」のアクションや「GOKU」での迫力あるたちまわりを見た人達からは

liveやテレビでのキャン様とはまた違って

舞台もカッコイイとの声も多かったようです。

 

今回の「SHIRANAMI」は、音楽活劇 というだけあって殺陣 、歌、ダンスで作りあげられた舞台。

喜矢武豊さんの見応えあるカッコイイパフォーマンスが見ものです。

 

SHIRANAMIは漫画もあるので、チェックしてみてくださいね。

まとめ

ゴールデンボンバーのメンバー喜矢武豊さんが、1月に公演される音楽活劇「SHIRANAMI」の忠信利平役にキャスティングされました。

liveでの楽しいでのギターパフォーマンスとはまた違って、寡黙だが正義感が強く優しい男を演じる喜矢武豊さんが楽しみですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)