桂歌丸の告別式(お別れ会)の日時と場所は?死去の原因は病気?

桂歌丸 告別式




こんにちは、えりえりです!

日曜日の夕方といえば、笑点が楽しみの一つ!

ですが、司会の桂歌丸さんが81歳で死去されました。

肺がんを患い、6月14日に再入院していたということからも、体調が悪かったことを伺えますよね。

2016年5月から、もう「笑点」には出演していなかったので、ずっと心配はしていたのだけど。。。

もうお別れになってしまうとは。

ショックですよね。

よく「棺桶」ネタみたいなのは、泰平さんとかやっていましたけど、本当にさよならすることになると悲しいです!!!涙

桂歌丸さんの告別式(お別れ会)の日時と場所はどこでしょうか。死去の原因はどんな病気だったのでしょうか。

 

桂歌丸の告別式(お別れ会)の日時と場所はどこ?

現在のところ、桂歌丸さんのお通夜、葬儀、告別式、お別れ会などの情報は公表されていないようです。

桂歌丸さんは超大型芸人ではありますが、葬儀は近親者のみで営まれる可能性も否定はできません。

一般人は参列できないかもしれない?

有名人の葬儀所といえば、都内でアクセスの良い「青山葬儀所」が有名ですね。

西城秀樹さんの葬儀もこちらで執り行われました。

以前あった番組企画で、円楽師匠が歌丸師匠の葬儀をプロデュースするというものがありました。

冗談にしては、ちょっとリアルで怖い気もしますが。。。

本物の桂歌丸さんの葬儀も、円楽師匠がプロデューサーを務めることになるのでしょうか??

その番組、どんな内容だったかというと。。。

  • 円楽師匠がお経を読みながら登場
  • 「葬儀委員長の私としては歌丸師匠のご葬儀を出そうとして、お経の稽古をしていました」と円楽師匠のセリフ
  • 「エコロジーの時代なので、エコでお金のかからないシンプルな葬儀が今はやっていますから。偉いお坊さんを呼ぶとお布施がかかるので、僧侶の資格を持っている私がただでお経をあげてあげようと…」と続ける円楽師匠
  • 「お通夜は好楽一門は呼びません。親戚まで来ますから。ただメシを食おうとするでしょう。ただ酒もダメ。森林保護のために棺おけはやめましょう。燃料ももったいないから燃やさない。霊きゅう車ももったいないので弟子が引くリヤカーで…」by円楽師匠

「つまり、何もやらないってこと?」

と桂歌丸さんの激しいツッコミ!!!

スポンサードリンク

私は絶対アンタより先には死にません!

これは桂歌丸さんが円楽師匠に叫んだセリフ。これがもう聞けなくなるのかと思うと。。。胸が詰まりますね。

 

告別式について、新しい情報が発表され次第、追記します~

created by Rinker
¥19,644 (2019/07/22 08:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

桂歌丸死去の原因はどんな病気だった?

桂歌丸さんは誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)という病気で入退院を繰り返していました。

本来は食道に送られるべき食べ物が気管に入ってしまう状態。

これは恐ろしいですね。

気管とは、空気が入る道。息道です。

むせちゃいますよね。

それだけでなくて、食べ物とともに細菌が肺に入り込んでしまう。こっちが怖い!

誤嚥性肺炎は食べ物だけではなく、寝ている間に飲みこむ唾液によっても起こります。

え?じゃあ、自宅で誰も見ていないときに、起きてしまう可能性大ですよね。

入院して、常にモニターとかで見ていてもらわないとダメなのかな。

日本人の病気の死因(死亡原因)で第一位がガン。

で、第三位が肺炎。それぐらい、肺炎は身近で、侮れない病気。

日本で、肺炎で亡くなった方の96.9%が65歳以上という統計もあります。

高齢者に多い病気なんですよね。

だから、桂歌丸さんもその一人。

誤嚥性肺炎で、もう一つ怖いのは、胃の内容物の逆流なんだそう。

胃の中味って、酸を含んでるから

酸や消化液が気道の粘膜を傷つけてしまう。

誤嚥性肺炎の主な症状

  • 呼吸数の増加
  • 発熱
  • 咳やたん
  • 原因のはっきりしない、傾眠やせん妄などの精神症状
  • 倦怠感、だるさが続き活動性が低下する
  • 疲労感が消えずに食欲がわかない

辛そうな症状ばかり。

高齢者がこういう症状に苦しんでいるのを見るのは辛いですよね。

自分のおじいちゃんやおばあちゃんが、こういう症状で布団の中でうんうんうなって苦しんでいたら、こっちまで苦しくなってしまう。

桂歌丸さんは、入退院を繰り返していたということで、闘病生活も厳しいものだったんだろうな~と想像します。

苦しみはもう終わり。

安らかに眠って頂きたいですね。

 

まとめ

桂歌丸さんの告別式(お別れ会)について、日時や場所を書いてみました。死去された原因の病気についても書いてみました。あらためまして、ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

スポンサードリンク

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)