ジャガー横田の息子の進学先や塾は?中学はどこを受験するの?

ジャガー横田の息子 塾




こんにちは、えりえりです!

ジャガー横田さんと木下博勝さんの息子、大維志(たいし)くんが中学受験の勉強をしているとか。

え?小学校をお受験で入ったと思ったのに、また受験??

びっくりですよね。

それにしてもこの人気!

えりえり
たいしくんが大きくなったことにびっくりする声が多い!
ママ友ゆり
もう小6だもんね~
これ以上ないくらいに、幼稚園時代に大維志(たいし)くんは勉強したとジャガー横田さんは言います。

そこまでして幼稚園生に勉強させていいのか、内心とても心配していたでしょう。

そして、また中学受験。勉強三昧ですね~。

父親が医者だから同じ道を歩むのでしょうか。

大維志(たいし)くんの進学先が気になります。

大維志(たいし)くん、塾はどこに通っているのでしょうか。

中学受験、どこの中学を受けるんでしょうね。

 

ジャガー横田の息子の進学先は?

ジャガー横田さんの息子の大維志(たいし)くんは、幼稚園のときからインターナショナルスクールに通っていたそうです。

だから、英語はペラペラ。

インターナショナルスクールには、2歳から9歳まで通っていました。

英才教育ですね~。

 

逆に、日本の小学校へ編入したときに、戸惑ったそうです。

いくら日本に住んでいるとはいえ、学校生活が英語中心だと、頭の中は英語の世界なのですね~。

面白いというか、不思議というか。

子供のときは学校生活が、生活そのものだから、そうなるのでしょう。

 

現在、大維志(たいし)くんは暁星小学校に通っているのではないかという噂があります。

暁星小学校は、学校法人暁星学園という幼少中高一貫校。

千代田区富士見にあります。

駅で言うと飯田橋や九段下の近く。

東京逓信病院や靖国神社の近くですね。

あそこに男子ばかりの私立学校があると思うと、すごいな~と思います。

何がって、大都会だし、自然が少ないし。ストレス溜まらないのかな、って。

暁星って学費がめちゃくちゃ高そうですよね。

そのまま高校まで上がれるのに、なぜ中学受験を?

 

大維志(たいし)くんが暁星小学校に通っているという確証はないのだけど、大維志(たいし)くんはお父さんのように外科医になりたいんだって。

だから、医学部に進みやすい中学・高校へ行きたいのでしょう。

そこはお父さんとしても応援せざるを得ないよね。

父親の木下博勝さんは慶応義塾大学の出身だと思い込んでいたのだけど、杏林大学医学部卒業なんです。

東京大学からも医学博士を取得しているというすごい人。

木下博勝さんの専門は消化器外科。つまり、外科医なんですね。

父親の影響って大きいから、大維志(たいし)くんもやっぱり外科医になりたいと強く思ったのでしょう。

あんなに忙しそうで、大変そうな職業なのに、偉いな~。

きっと大維志(たいし)くんはお父さんの木下博勝さんことを尊敬しているのでしょう。

大維志(たいし)くんの進学先はどこか?

医学部に強いとなると、慶応が考えられますね。

私立でそのままエスカレーター式に大学まで進学できます。

大学受験のときに、他のコースより比較的楽をできるのではないでしょうか?

もちろん、高校での成績が良くないとだめですけど。

あとは、御三家に進学して、東大医学部へ?

それか京都大学や大阪大学もランキング高いです。

その他、医学部がある大学といえば、たくさんあるけど、偏差値が高いのは、東京医科歯科大学、山梨大学、名古屋大学、千葉大学などでしょうか。

九州大学、神戸大学、慈恵医大、昭和大学もありますね。

ところで、御三家ってどこかというと、開成、麻布、武蔵の三つですね。

男子の場合。

 

日本テレビ系「スッキリ」でドキュメントされることになった大維志(たいし)くん。

目指す中学はなんと

広尾学園の医進サイエンスコースなのだとか!!!

インターナショナルスクールに通っていたせいで、国語がちょっと苦手な大維志(たいし)くん。

自己主張も強めだそうで、受験勉強に苦戦しそうな予感?

現在の大維志(たいし)くん偏差値が41


目標があることは素晴らしい!

それを称賛するツイッターもあるんですが。。。

広尾学園の医進サイエンスコースの偏差値は71

広尾学園はもともと順心女子中高という一等地の小規模女子校だったのですから、すごい変わりようで。

今は医学部を目指す子どもたちの憧れの学校なんですね~。

えりえり
偏差値上げるのは大変だもんね~!

えりえり
合格後の学校生活も想像しちゃうね~!

ママ友ゆり
母の遺伝子が強い場合はね!?
広尾学園という名前の通り、広尾にあります。

広尾駅から徒歩すぐです。

近くには大使館も多く、有栖川公園や都立中央図書館も。

聖心女子大学もあるという、とても洗練された都会の立地。

お金持ちのお坊ちゃまたちが通う学校ですね。

ジャガー横田の息子が通う塾はどこ?偏差値は上がる?

中学受験をするのに、塾に通わせることは当たり前の世の中。

なぜって、受験までのカリキュラムがしっかり整っているから。

中学受験までの勉強時間の総量はだいたい決まっているらしいし。

進学塾の大手といえば、サピックス、日能研、早稲田アカデミー、浜学園、四谷大塚や、個別指導塾のTOMAS。

家庭で同じように勉強させるのは無理。

塾なら定期的にテストがあるし、志望校の情報も最新のものが得られる。

しかも、大手の塾の方が情報量が多いのは間違いない。

そこで、塾選びのポイントとは??

ポイントは6つ。

  1. 過去の合格実績
  2. 自宅から通いやすさ
  3. 塾生のレベル
  4. テキストやテストの質
  5. 個別の相談にのってくれるか
  6. 月謝

 

ポイントはちょっと多いかもしれないけど、どれも大事。

その中でも、合格実績はダントツに気にしなければいけないところ。

塾全体で合格者が多くても、最寄りの校舎が汚くて魅力に欠けていたらどうしようもないけどね。

あとは、家からの距離も大事。

歩いて行ける、自転車ですぐの場所にある校舎は最適。

でも、電車で20分もかけていかないといけないとなると、通うだけで疲れてしまう。

そういうところで無駄な体力を消耗してしまうのはもったいない。

ジャガー横田さんや木下博勝さんもそういう観点から塾選びをしているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

一人っ子だから、それなりにエネルギーを注いであげられる。

木下博勝さんは、子どもの受験勉強のために、そうとう頑張っているらしいので、塾調べもたくさんしたことでしょう。

木下博勝さんは大維志(たいし)くんと共に早寝早起きして、食事などの生活リズムも規則正しく過ごしています。

このストイックさ、アスリート並みの生活ですよね。

親子で一丸となっている!

登校前の貴重な時間も、勉強に費やしているそうです。

大維志(たいし)くんは、週に4日塾に通っているそうです。

残りの3日は、木下博勝さんが大維志(たいし)くんの勉強をみているとか。

木下博勝さんの熱の入れようといえば、すごくて、志望校の傾向を調べたり、塾と連絡を取り合って、勉強方法も日々研究しています。

本気度が伝わりますね。

受験生の親はここまでしなくてはならないのか?!

親にも相当なプレッシャーですよね。

「目の色変えて」ってまさにこのこと。

週末の勉強メニューは木下博勝さんが考えて、大維志(たいし)くんへの指示や叱咤激励もしているとか。

ジャガー横田さんは、ひたすら体調管理でしょうか。栄養のある食事を用意するのも大事な仕事ですからね。

夏休みも、大維志(たいし)くんは、日曜日以外は9時かから6時まで塾で勉強というスケジュール。

帰宅後も木下博勝さんと勉強。

夏休みなんてないに等しいですね。

受験生なら、これぐらいして当然なのかな?

ここまで厳しい受験生活を送るなんて、11~12歳の子どもがどこまで耐えられるのかちょっと心配になりますが。。。

合格後にうつ状態になった子もいるようなので、気を付けて欲しいな~と思います。

ところで、大維志(たいし)くんが通う塾はどこか?

駅前には必ず立ち並ぶ、サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚。競い合うように看板が並んでいる。

難関校といわれる御三家に強いのがサピックスでは、成績上位者2割りに照準を合わせるので、サポートが必要な子はどんどん落ちこぼれて行ってしまいます。

1年先の内容が出来ていないと、ついていくのが難しいと言われているサピックス。

家庭でのサポートがばっちりある大維志(たいし)くんなら、サピックスも合っているかもしれない。

 

日能研は、成績上位の子だけじゃなくて、どんな子も受け入れてくれる塾。

中学受験に必要な知識を万遍なく身に付けられる。

宿題の量は少ないので、家で自主的に復習をして、何度も同じ問題に取り組むことに抵抗がないタイプの子が向いているかも。

大維志(たいし)くんの場合、お父さんにしっかりと見て貰えてそうなので、日能研でも大丈夫っぽい。

毎日コツコツと勉強に取り組むことが苦ではなく、以前に学んだことをきちんと覚えていられる子が向いている。

この特徴って男子より女子の方が強そうだけどね。

丁寧に育ててもらっている大維志(たいし)くんならオッケーかも。

 

四谷大塚は、自前のテキスト「予習シリーズ」の完成度が高いのが評判。

SAPIXなどに比べると、親が教えなければいけない部分は少ないので、共働きファミリーには合っているかも。

ジャガー横田さんはタレントとして、木下博勝さんは外科医としての仕事があるので、四谷大塚という選択肢も十分あり得る。

ただ、大人の目を盗んで勉強をさぼるタイプの子には向いていないとの噂もあり。

その点、大維志(たいし)くんは自宅でがっちり両親の監視の目があるようだから、大丈夫そう。

 

早稲田アカデミーはダントツに宿題の量が多いので有名。

低学年のうちから、大量の宿題をこなす癖がついていればいいけど。

高学年になってから入塾すると、こなせなくなってくる子もいる。

子供が宿題の量をこなせるかどうかが鍵。

ここでも、しっかりと大人がチェックしてあげないと、どんどん落ちこぼれてしまう。

量重視の学習法なので、丸暗記のまま進んでしまい、意味を理解していないという危険も。

早稲田や慶応を目指すのであれば、早稲田アカデミーでもいい。

 

結局、大維志(たいし)くんなら、上記の大手受験塾ならどこへ通っていてもおかしくない気がする。

家から通いやすい距離にあって、日々連絡を取りやすい話しやすい先生のいる塾。

夏休みなどの長期休みには、お弁当持参ってこともあり得るよね。

ジャガー横田さんがせっせと手作り弁当を持たせてくれているのだろうか。

近頃は、塾専用の弁当屋さんもあるみたいだけど。

作ってくれたり、運んでくれたりとか。

都会ならではのサービスだよね。働いている親にとっては有り難い!!!

 

日本テレビ系「スッキリ」のドキュメントによると、現在は家庭教師をつけて頑張っているとのこと。

お家まで来てくれるのは最強ですよね。

やっぱり子供を塾に通わせるのは大変ですから。

経済的な余裕がないと家庭教師をつけるのは難しいところ。

でも、そこは木下博勝さんやジャガー横田さんの経済力で全然カバーできているのでしょう。

 

ジャガー横田の息子はどこの中学を受験する?学費はいくら?

大維志(たいし)くんが間違いなく受けるであろう中学は、慶応ですね。

やっぱり高校へそのまま進めて、成績上位なら医学部へ進めるというメリット。

他の中学高校ではないから。慶応は案外学費が高くないし。

私立の医学部といえば、6年間で総額2,000万円ぐらいは見ておかないといけない。

慶応なら、2,000万円を少し超える程度。

東邦大学は2,600万円以上する。

これは私立の話だけどね。

 

公立の大学なら、年間授業料が50万円ちょい。

入学金は30万円ほどだとして、6年間で400万円ほどみておけばだいじょうぶかな。

ジャガー横田さんの家は芸能人一家だし、お医者さんの家庭だし、一人っ子だしで、裕福だとは思う。

でも、不妊治療でそうとう資産も減ってしまったかもしれないし。。。って何年も前の話だけど。

できれば、親としては、東大や京大へ進んで欲しいって思ってるかもしれない。となると、麻布、開成、武蔵中学あたりを狙っている???

どの大学を選ぶかで、その後の人脈とか学派とかにも影響が出てくるかも。そこらへんは、木下博勝さんが詳しいだろうね。

同じ外科医だとしても、出身大学によって、意見が分かれたり、先輩には逆らえなかったりとか、いろいろ裏の事情もありそう。

 

医学部に強いコースは、つまり偏差値が高い大学へ進学するコース。

だから、御三家を目指すことになると思います。

定番ですが、麻布、開成、武蔵のどこかでしょうね~~~。

受験日か重ならない限り、複数受けることでしょう。

麻布と武蔵に至っては、高校募集しないので、中学で絶対に入りたいですよね。

それにしても、武蔵から東大へ合格したのは20名で、駒場東邦からは60名。

2015年現役合格者の数です。

駒場東邦を狙うという筋もありそうです!

ですが。。。

日本テレビ系「スッキリ」でドキュメントされ、麻布学園の医進・サイエンスコースを目指すとのこと!!!

 

ジャガー横田の息子は志望中学に合格できる?

たいしくん、ジャガー横田さん、木下博勝さんの親子三人で中学受験に励む姿がテレビで放映され、こんな意見も。


受かればいいけど、もしも不合格だったらまさに公開処刑。。。ずーん。


否定的な意見も出てますね。

ジャガー横田さんの息子さんのためを思っての意見?!

えりえり
ジャガー横田さんへの批判も!


ママ友ゆり
息子には甘くなるよね。でも、状況を甘く見過ぎると息子さんがかわいそうだね。

 

今後どうなるのでしょうね。

たいしくんの受験勉強の様子は今後もテレビ放映されると思います。

引き続き、注目したいと思います!

 

まとめ

ジャガー横田さんの息子の進学先や塾について書いてみました。

偏差値40から70の難関中学の受験。

親子でとても頑張っているようですね。

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)