ポータベロマッシュルームバーガーが絶品!ステーキその他レシピ紹介




「マーガーハンバーガー」の看板メニューであるポータベロマッシュルームバーガー。メニューの中で一番高いものですが(1,000円)、大人気となっています!

 

自由が丘のハンバーガーショップ「カールスジュニア」でもポータベロマッシュルームのハンバーガーは人気メニューで、値段設定は肉の量によって990~1,190円となっています。

 

過去にも六本木ヒルズにあるグランドハイアット東京のレストラン「オークドア」で期間限定の販売(1,900円)もしていました。

 

ハンバーガーの中に「ポータベロマッシュルーム」というきのこのソテーが入っています。

 

ハンバーガーというとアボガドを挟んだものが高級なイメージが強かったですが、それを上回るぐらいの存在感と味とボリュームの巨大マッシュルーム。お値段もアボガドバーガーよりやや高めです。

 

それでは、このポータベロマッシュルームとは何か、どんなレシピがあるのかまとめてみました。

スポンサードリンク

 

ポータベロマッシュルームとは

直径7~8センチほどのジャンボなマッシュルームです。大きなものは10センチぐらいのもあります。傘の厚みは4センチほど。肉厚ですね!

 

 

缶ビールの横に置くと、大きさがよくわかりますね。

 

名前の「ポータベロ」はポートベロ、ポッタベラとも呼ばれますが、イタリア語で「美しい大きな傘」という意味です。「大きな傘(Porta)」、「美しい(Bella)」。

 

ポータベロマッシュルームは通常のマッシュルームより栽培期間が長く、栄養分がたっぷり含まれていて、濃厚な風味が特徴です。

ポータベロマッシュルームのレシピ

ポータベロマッシュルームの美味しい食べ方を3つご紹介します。

 

ステーキ

ポータベロそのものの美味しさがよくわかるシンプルなメニュー。

◆材料

  1. ポータベロマッシュルーム 2つ
  2. にんにく 1かけ
  3. バター 大さじ1
  4. しょうゆ 大さじ1
  5. 塩コショウ砂糖 少々
  6. パセリ 飾り

◆作り方

スポンサードリンク
  1. ポータベロのヘタを取り、傘の部分に切れ目を入れる。
  2. フライパンに油をしき、中火で傘の部分から炒める。ヘタも一緒に炒める。
    焦げ目がついたら裏にかえし、弱火にしてフタをして、3分ほど焼く。
  3. 火を消して、お皿に移す。まだ熱いフライパンに調味料を入れてふつふつさせたら、ポータベロにかける。ヘタとパセリを盛り付ける。

 

肉詰め

ポータベロのうまみが肉にしみ込んでご飯が進む一品です。

◆材料

  1. 小さめのポータベロマッシュルーム 5こ
  2. ハンバーグの種 150グラム
  3. 小麦粉 適量
  4. お好みのチーズ(ピザ用、ゴルゴンゾーラ、パルメザンなど)

◆作り方

  1. 小さめのポータベロマッシュルームのヘタを取り除き、裏返して小麦粉を振りかける。
  2. ハンバーグの種を詰める。
  3. フライパンに油をしき、詰めたお肉の方を下にしてく。弱火でじっくりと。
  4. 裏返してポータベロ側も焼く。弱火でじっくりと。フタをするとよい。
  5. このままお皿にのせても良いが、さらに200℃のオーブンで10分焼くと味に深みがでる。
  6. お皿にのせ、上にチーズをかけて出来上がり。

 

スポンサードリンク

アヒージョ

バゲットや食パンによく合います。

◆材料

  1. ポータベロマッシュルーム 2こ
  2. にんにく 1かけ
  3. ベーコン 40グラム
  4. 塩 少々
  5. オリーブオイル 100cc
  6. パセリ

 

◆材料

  1. ポータベロマッシュルームのへたをとり、放射線状に8等分に切る。
  2. にんにくを包丁でつぶし、粗みじんに切る。ベーコンは5ミリ幅に切る。ブロックでも良い。
  3. 小さめの鍋にオリーブオイルをしき、にんにくを炒める。きつね色になるまで弱火でゆっくりと。できれば、鍋はココット皿か土鍋が良い。
  4. ベーコンとポータベロを加える。ポータベロがひたひたになるまでオリーブオイルを加える。
  5. 塩をふり、ポータベロがしんなりするまでソテーする。パセリを散らして出来上がり。

 

 

まとめ

ポータベロマッシュルームがどんなきのこなのか、そして美味しい食べ方をご紹介しました。肉やオリーブオイルとの相性がバツグンです。ステーキや肉詰めなど、フライパンで火を通すときは、焼き過ぎると水分が出てしまい、味がおちるので注意してくださいね。今ではスーパーやデパートなどでも見かけるようになり、日本でも生産されるようになりました。アボガドのようにメジャーな野菜になる日も近いかも!

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)