放散痛とはどんな痛み?心筋梗塞や心不全の前兆として重要な情報!




こんにちは、えりえりです!

俳優の大杉漣さんが心不全でお亡くなりになったとき、日本中がショックと悲しみに包まれました。

突然襲い掛かる怖い病気は、命にかかわります。

防げるものであれば、未然に防いでおきたいですよね。

大杉漣さんは「急性心不全」といって心臓の止まった状態が原因で亡くなりました。

原因の病気としては、

動脈硬化のせいで血管が詰まってしまったために心筋梗塞になったか、

あるいは不整脈の一種である心房細動のどちらかだろうと言われています。

忙しい毎日を送っていると、ついつい健康管理がおろそかになってしまいます。

また、ストレスからバランスの悪い食事になったり、お酒を飲み過ぎてしまったり…と、ありがちな話です。

健康と病気について、よく耳にする「心不全」や「心筋梗塞」について、またちょっと聞きなれない「放散痛」や「関連通」とは何かについて書いてみたいと思います。

放散痛とはどんな痛み?どこが痛いの?

心不全でお亡くなりになった大杉漣さんは、具合が悪くなった当日、「お腹が痛い」と共演者たちにラインを送っていました。

お腹が痛いってどういうこと?

お腹といっても、お腹の中には臓器がいろいろとありますよね。

胃や腸がいたいのかな?と一瞬思ったのですが、どこが痛かったのでしょうか。

放散痛の痛みは体のどこに出る?関連痛と同じ?

不整脈や心筋梗塞も、心不全になる前に放散痛という痛みが体のいろんな部分に生じることがあります。

放散痛とは関連痛の一つで、病気の原因がある部位とはまったく違う場所で起こる痛みのことです。

放散痛を別の呼び方で関連痛ということがあります。

関連痛にしても、痛みの原因が生じた部位と違う部位に感じる痛みのことですね。

つまり、心臓が悪いのに、腕が痛くなるとかそういうことです。

持病とは関係のない、他の体の部分が痛む。

チクチク痛むのですね。これは辛い。。。

放散痛や関連痛の痛みは、みずおち、肩甲骨、腕、背中、胸など痛みはさまざまな場所に生じるんですね。

歯やのどが痛くなる人もいるそうです。

 

普通、が痛くなったら、虫歯や感覚過敏などを想像して、歯医者へ行きますよね。

歯が痛いのは我慢できない人が多いかなと思います。

神経につながっていますから、ズキンズキンきたらもうたまらないですよね。

眠れないし、余計な心配しちゃう。神経抜かなきゃいけないの?とか。

のどが痛くなったら、風邪やウィルスなどを連想して内科や耳鼻咽喉科などへ駆け込むでしょう。

のどの腫れとか診てもらいますよね。季節性のもので溶連菌とかものどがいたくなって、高熱出ます。

最近だと夏でも溶連菌が流行りますが💦

が痛ければ、胸やけか飲み過ぎたかと勘違いするかもしれません。

心臓を疑うのもあるでしょうか。不整脈とか?

それとか、よく五十肩で痛いとか、デスクワークのし過ぎで腰や背中が痛いということはあります。肩こりはよくあることです。

まさかそれが「放散痛」だと自分で疑うことのできる人って少ないと思います。

脚が痛くなる人もいるらしくて、筋肉痛や関節痛などを疑ってしまうと思います。

えりえり
ここまでくると、体の部位が痛くて専門医にかかっても意味がないのではと疑っちゃうね。
ママ友ゆり
そうね~。でも、そこまで詳しく心筋梗塞や不整脈とかの前兆や症状を知っている人は少ないと思う。まずは専門医にかかる人が大半だわね。

肩や足の痛みであれば、マッサージや整骨院などに行きたくなるかもしれないですね。

スポンサードリンク

確かに応急処置というか、すぐに診てもらって治療してもらえたら治るかもと思うでしょう。

放散痛が起こる原因は?

ところで、この放散痛ですが、

神経の勘違いによって引き起こされるらしいのです。

神経伝達のルートとして、心臓→感覚神経→せきずい→脳の順に流れていくわけですが、すべての体の部位の感覚神経はせきずいとつながっているので、そこで脳からの信号が勘違いを起こしてしまうんですね。

えりえり
勘違いということは、本当は痛くなかったということもあるわけ?
ママ友ゆり
難しいところね。本人にしか痛みはわからないし。本人としては痛いんだから、本当に痛いんでしょうね

放散痛は前兆!見逃さないで!

「お腹が痛い」と訴えた大杉漣さんにしても、心臓とは関係のない部位が痛かったのですね。

それはご本人にしかわからないですね。

急に痛くなったのだから、一刻も早く病院へいくしかなかったですね。

心筋梗塞を疑う医者

お医者さんは、放散痛の性質からしてもどこかが痛いと言う患者さんは心筋梗塞も疑うのが一般的らしいです。

えりえり
さすが、お医者さんは広い範囲で見ているね。

ママ友ゆり
素人で勝手に判断しない方がいいかも

心筋梗塞の原因は?注意すべき季節は?

心筋梗塞は、高血圧、喫煙、飲酒、肥満、ストレスなどが原因となる病気です

現代の大人であればどれか一つが該当してしまいそうなよくある原因ですよね。

だからこそ、普段から健康診断の心電図や血液検査で予兆を発見することが大事なんだそうです。

えりえり
健康診断はできるだけ毎年受けたいわ~。

ママ友ゆり
時間がない、面倒は言い訳にしないように気を付けないと。自分は大丈夫っていう根拠のない自信も危ないね。

冬場は患者が最も多いらしく、寒い季節は要注意だそうですよ。

寒いと血圧が上がるし、飲酒量も増えますからね。夏に比べて体にカロリーをため込んでしまうので肥満にもなりやすいです。

狭心症から心筋梗塞に発展するものもあります。

胸の痛みだけでなく、あご、肩、首も痛くなります。

めまい、冷や汗、呼吸困難を伴うこともあります。

こういった症状は見逃さない方がよいですね。

30分以上続くようであれば、心筋梗塞の疑いがあります。

 

一日のうちで気を付けるべき時間帯はいつ?

注意したいのは、日中動き回っているときだけでなく、朝方や深夜などの就寝中の安静時にも充分起こり得るのだということです。

ということは24時間いつも気にかけていなければなりませんね。

普段から健康に気を付けている人でも、いつなるかわからない病気が心筋梗塞や不整脈です。

ちょっとした自分の体の変化を見逃さないことがポイントとなるようです。

えりえり
やっぱ今年も健康診断受けようっと。

ママ友ゆり
40代、50代からそういう意識でいると健康でいられそう

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、大杉漣さんの急性心不全の悲しいニュースから、健康について深く考えさせられました。

放散痛とは

  • 病気の原因がある部位とはまったく違う場所で起こる痛み。
  • 神経の勘違いによって引き起こされる
  • 医者でもそれが放散痛であると見分けるのは難しい
  • 健康診断で予兆を発見することが大事

 

普段から体のメンテナンスを心掛けて、健康に暮らしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)