ノートパソコン(ASUS)の熱対策には冷却が必要!熱暴走を防ぐ方法とお勧めグッズ

ノートパソコン 熱暴走を防ぐ




こんにちは、えりえりです!

ノートパソコンはどこでも開けるし、持ち運びも便利ですよね~。

軽いというだけで、気持ち的にも楽に使えます。

ただ、使っていてノートパソコンが熱くなって困った!ということありませんか。

スマホにしても、ノートパソコンにしても、連続で使っていると熱を持ってしまい、熱くなります。

こういう現象を「熱暴走」と呼ぶらしいです。

熱暴走が起きると、突然電源が落ちたり、画面がフリーズしたりします汗

最悪の場合は、火事…なんてことも。

じゃあ、連続で使用しないで、短時間で使用すれば?となってしまうのですが、そうもいかなくて。

どうしても長時間使わなくてはいけないときありますからね。

定期的なお手入れはもちろん大事ですし、冷却グッズを利用するとかなり改善されるんです。

この記事では、私の使用しているASUS製のノートパソコンを例に、熱くなったノートパソコンを冷やす方法や超お勧め冷却ファンなどをご紹介したいと思います。

今回の記事では、私が使っているASUSノートパソコンを例にしています。ですが、一般的などのノートパソコンにも応用できますよ。

是非参考にしてみてください。

それでは、いってみましょう!

ノートパソコン(ASUS)が熱い!なぜ?

スマホでもそうですが、ノートパソコンを使い続けると、だんだんノートパソコン本体が熱を持って熱くなりますよね。

一番気になるのが、裏側。

この辺がCPUの場所かな?というあたりが熱くなります。

ノートパソコンは性能(と値段?)が高いものほど、熱くなりやすいんです。

高性能なものは、搭載されている部品も多いですからね。

私はASUS ZenBookを使っていますが、購入当初はそれほど気にならなかったのですが、だんだんと使い続けるうちに熱が気になるようになりました。

ちょっと原因について追及してみましょう。

ノートパソコンが熱を持つ原因は?

基本的に電気製品は熱を発します。

電力で動くものに共通の現象なんです。

Wi-Fiのターミナルとかルーターにしてもそう。

冷蔵庫の裏やテレビの裏も。

通気口があっても、それだけでは不十分っていうぐらい熱くなります。

ノートパソコン内では大量のデータがやりとりされていて、無数の電子が動いています。電子と電子がこすれあうと摩擦が起き、熱が発生。

ノートパソコンはコンパクトに作られているので、内部の部品同士も近い。だから、摩擦熱がこもりやすい。困ったことに、デスクトップより熱暴走が起きやすいんです。

CPUやハードディスクが熱を持つ

ノートパソコンを長時間連続で使用すると、初めのうちは冷たかった本体もだんだんと熱を持ち始めます。

内部の部品が熱を持つんです。そして、ノートパソコン本体の温度が上昇します。

ノートパソコン本体の温度を計測する無料ソフトもあるのですが、手で触っても十分「熱いな!」と感じることができますよね。

手で熱いと感じるということは、内部はすでにどうにかしなきゃいけないぐらい熱いということ。

CPU、ハードディスク、バッテリーなどは熱くなりやすいです。

CPUは人間でいうところの、

人間の脳も使いすぎるとヒートアップしますが、ノートパソコンも同じ。

ついでに言うと、冷却ファンも熱くなります。

冷却することが仕事なのに…不思議ですよねw

冷却機能の故障

その不思議な冷却ファンについて。

ノートパソコンの中身は多くの部品がありますが、冷却ファンもその一つ。

ノートパソコンを起動すると

ウィーンって動き出す音
がありますよね。

これがその冷却ファンの音。

冷却ファンが回りだすと、中にこもった熱が外へ出されます。

どうなるかというと、ノートパソコンの温度が上昇するのを防いでくれるんですね~。

熱暴走を防ぐことで、いきなり電源が落ちる(シャットダウン)や画面のフリーズとか防止できます!

ですから、ノートパソコンの温度が上がってしまうという場合、内部の冷却ファンに異常がある可能性があります。

また、考えられる他の可能性として、冷却ファンの性能があまり良くなくて冷却が追いついていないことも考えられます。

その他、ノートパソコン内部に埃がたまっていて十分に冷却できないというケースもあるようです。

埃、大敵ですね。。。

 

埃が溜まっている

生活している限り、避けられない埃。

普通に洋服や寝具からも出ます。

天気の良い日に太陽の光があたると、「おお~キラキラしてる✨」と感動するぐらい、空中に埃はありますよね。

テレビにしても、冷蔵庫にしても、内部は埃だらけです。。。

だから、どんなに気を付けていても埃はノートパソコンの隙間から内部へ侵入してくる。。

そして、内部に溜まっていく埃。

ノートパソコン内部に埃がたまると、本体に熱がこもりやすくなります。

埃のせいで、冷却ファンが上手く回らないなんてことも。

冷却ファン自体に埃がつくと、ノートパソコンの中で空気が正常に循環しなくなる。

そうなると、ノートパソコンの温度が上がってしまいますね。

室温が高い

夏場の室温はエアコンで調整しますよね。

私は26℃ぐらいの設定がちょうどよいんですが、店舗や図書館だともっと涼しい気がします。

寒いぐらい。

ですが、ノートパソコン内部の温度は

室温プラス7~8℃
となっているのをご存じでしょうか。

ですから、室温が高いと、自動的にノートパソコン内部の温度も高くなってしまう。

夏場はエアコンを我慢してしまうこともあると思いますが、それが原因でノートパソコン内部の温度が上昇してしまうことがあるんです!

熱中症対策にも言えることですが、室温が30℃を超えると要注意。

ノートパソコン内部が40℃を超えると、本体に異常が発生します。

それこそ、勝手にフリーズ、シャットダウンですよ~💦

ノートパソコン(ASUS)の寿命は熱暴走のせいで縮む

これまでノートパソコンがなぜ熱くなるのか、原因を解説してきましたね。

熱くなることはわかった。

ノートパソコンが熱くなることぐらい、「仕方ない」と腹をくくって我慢すればよいのでは?

と思いがちですが。。。

そうではなくて、ノートパソコンが熱くなること、つまり熱暴走が起きたときは本当に要注意なのです。

ノートパソコンに熱暴走が起きると、ノートパソコン本体の寿命が短くなる!!

熱暴走が起きている状態では、内部のCPUやハードディスクに負担がかかっていることになります。

おっとこれは大変。

ノートパソコンの熱暴走で想定される被害について考えてみたいと思います。

ノートパソコンの熱暴走とは

ノートパソコンが異常な熱を持ち、本体が正常に機能しないことを熱暴走と言います。

熱暴走が起きたらどうなるかというと、こんな困った現象が起きます。

  • 電源が突然落ちる!
  • ノートパソコンがフリーズ!
  • 不明なエラーが出る!
  • カーソルを動かせない!
なぜこのような困った現象が起きるかというと、

熱暴走が原因でノートパソコンの機能が低下し、CPUなどが一時的にストップしてしまうからなんです。

CPUが頑張りすぎてしまうことで、それ以上CPUに負担がかからないようにと、動きが止まってしまう。

ノートパソコンだけでなく、スマホについても同じことが言えます。

発熱すると電源が落ちるというツイート。

熱暴走のせいでしょうね。

CPUが急に止まると、作業中の大事なデータも失われてしまう可能性が大きいです。

これは大きな損失ですね。

回避したいところです。

ノートパソコンの熱暴走は危険!火事?

ノートパソコンが熱暴走を起こすと、内部に良くないのはよ~くわかりましたね。

ただ、内部だけに影響するのではなくて、外側にも悪影響が。。

ノートパソコンが熱いとき、「焦げ臭いな~」と感じることが起こり得るんです。

熱のせいで回線が焦げてしまうってあるんですよ。

そのまま放置すると、ノートパソコンから煙が発生して火事!なんてことも。

焦げ臭い、煙が出るなどの現象はなぜ起こるのか?

それはノートパソコン本体の内部で小さく発火しているせい。

小さな発火ではありますが、本体の内部にたまった埃に引火することがあります。

こんなツイートも。

ノートパソコンの熱暴走は、発火の恐れ、そして本体内部の破損につながる危険があることを覚えておきましょう。

こんなツイートも。


中古品を購入するときは、こういうことも想定しておかなければならないでしょうね。

買うときは、内部まで見れないですから。

 

充電器や外付けハードディスクの熱も注意

ノートパソコン本体以外でも注意すべき点があります。

それは、充電器。コンセント。

ノートパソコンの充電を長時間行っていると、だんだんと充電器が熱くなります。

発熱してるということです。

充電しているということは、電気が流れているということ。

ですから、長時間充電していると、充電器のみならずノートパソコン本体にも電気が流れ続けます。

ということは、充電器およびノートパソコン本体の発熱が可能性としてあるわけです。

気を付けないといけないですね。

充電器だけでなく、外付けハードディスクについても同じことが言えます。

ノートパソコン本体とつながっているものは全て電気が流れているということ。

https://twitter.com/PcVer3/status/1137440770707746816

ハードディスクの発熱にも気を付けましょう。

ノートパソコン(ASUS)の熱対策に6つの方法

ノートパソコンの熱暴走は是非とも避けたい。

本体内部の熱をどうにか外へ出せばよいわけです。

そうするとノートパソコンの温度は下がります。

それでは、ノートパソコンを冷却する方法を6つリストアップしてみましょう。

①ノートパソコン内部の掃除とお勧めドライバー

ノートパソコン内部に埃がたまっていると、熱がこもりやすくなります。

そして、その埃に引火してしまうと大変!

テレビにしても、埃がたまっていると、キレイに映らないそうです。

熱がこもって、熱暴走が起きているせいでしょうかね。

ですから、定期的にノートパソコン内部の掃除が必要になりますね。

裏部分を開けて(勇気が要りますが💦)埃を取り除くこと。

ノートパソコンの裏側を開けるのは勇気が要りますが、「壊しちゃったらどうしよう」という気持ちは横へ置いておきましょう。

ASUSのZenBookを使用している私はこんなドライバーを使っていますよ。

ちっちゃい星★型ドライバーT5です。

T4でも出来なくはないですが、ぐらぐらして安定しないです。

他のASUS製品でも、セットの中に必ずぴったりのドライバーが入っていると思います。

トルクスドライバーというのですが、25種類入ってこの価格なら買っちゃいますよね。

もう少し持ち手がしっかり頑丈そうなものが良いという人はこちら。

値段もあがりますが、用途がはっきりしているなら、こちらも良いです。

これでノートパソコンの分解はばっちり。持ち手もしっかりしているので、手が滑らないです。

私が使っているこちらのドライバー38本入り!

箱を開けるとドライバーのヘッド達が勢ぞろいして起立するので面白いです!

T5 driver stillT5 driver

iPhoneの分解にも適しています。

ちょっと分解してお掃除~というときに使えますね。

こんなお困りのツイートもありますが。

本体が分解できるのって必須技術なのかも。

掃除するとき、特に、冷却ファンは念入りに綺麗にしたいですね。

いえ、しないとダメですよ!

冷却ファンに埃がたまると、冷却機能が落ちます。

ノートパソコンが熱を持つ大きな要因は、冷却ファンにたまった埃なんです。

定期的にお掃除できるとベスト。

理想は半年に一度でしょうかね。

ノートパソコン内部のお掃除についてはこちらの記事を参考にしてみてください^^

↓↓↓↓↓↓

記事作成中~しばらくおまちください

➁部屋の温度を下げる

先ほども書いたように、ノートパソコンの内部温度は

室温プラス7~8℃
なので、部屋の温度を下げることが重要になってきます。

ノートパソコンの熱暴走を防止するためには部屋の温度を下げる。

エアコンが一番効果ありますね。

扇風機も良いですが、生ぬるい空気が循環するだけだし、余計に部屋埃っぽくなったらノートパソコンに埃が入りやすくなりますからね。

ですが、エアコンは電気代がかかる!という人もいらっしゃるでしょうから、そういう場合は、扇風機を当ててみるのも十分良いと思います。

ノートパソコン内部の適温は30℃前後。

部屋の温度プラス7~8℃がノートパソコン内部の温度になるので、30℃-7℃=23℃に保つのが理想でしょう。

そうはいっても、私にとって23℃は寒いんですが!!

電気代もったいないし。

部屋のエアコンは26℃設定でもなんとかやれている気がします^^

 

ただ、ここで注意点が!


氷でノートパソコン本体を冷やすのはお勧めできません。

なぜって、氷が溶けたら内部に水が入ります。ショートするかもしれないです。

また、直接冷やすと中で結露が出来て、ノートパソコンが正常に作動しない可能性があります。

 

あとは10円玉を乗せて冷やすという方法。

一時的には効果があるようですが、すぐに10円玉にも熱が伝わり、再び熱くなってしまいます。

労力の割には(⁈)お勧めできないですね。

➂ノートパソコンの置き場所を変える

夏場など、よく冷えた室内にいても、椅子やソファに座っていると座っている部分が温かくなりますよね。

会議とか集まりで、座る位置が温かくなると、ちょっとずらす。

すると、ひんやり気持ちいい。

 

私はひんやりしたシーツをかけた布団の上に座りながらノートパソコンで作業したりするんですが、しばらく座っていると座っていた部分が温かくなります。

そうすると、場所を変える。

つまり座る位置、おしりの位置をずらす。

するとスーッと新しく涼しい位置を獲得できる!

暑い夏を乗り越えるためにも、この技(⁈)は結構使えるんです。

 

この技をノートパソコンにも応用するんです^^

ノートパソコンを置く場所を移す。

ヤドカリじゃないけど、置き場所をずらし、ずらしながら、作業作業。

同じ場所でもくもくと作業していると、その場所は熱~くなってしまいますからね。

キーワードは放熱

カーペットや布団の上にノートパソコンを置いて作業すると、熱がこもりやすい。

放熱できないからです。ですから、絶対にカーペットや布団など布の上では作業しない方がよいですね。

➃長時間連続使用をやめる

ノートパソコンは長時間連続で使用すると熱を持ちやすいです。

調べものでついつい長時間、ゲームに熱中して長時間などいろいろあると思いますが、熱くなってしまいます。

適度に電源を切ることもして、冷ましてあげましょう。

使用し終わったら必ず電源を切る。普通のことですが、面倒でつけっぱなしてしまうこともありますね。

ノートパソコンの寿命を長くするため、と思ってこまめに電源を切ることを強くお勧めします。

⑤アプリケーションは必要なものだけ

CPU、ハードディスク、バッテリーが熱を発しやすいことは先ほども書きましたネ。

そして、このCPUは人間でいう脳の部分なので、特に熱を発しやすい。

ですが、ノートパソコンを扱うあなたがCPUの負荷を調整できます。

起動するアプリケーションの数を最低限にすればよいんです。

不要なアプリケーションは終了するようにしましょう。

そうするとCPUへの負荷は減りますので。

是非やってみてください^^

やっぱりCPUに負荷をかけてはいけないようです。

熱暴走の防止はできるところから!

➅冷却グッズを購入する

これこれ!

今回のテーマは冷却グッズの紹介なんです!

すぐにでも導入できる冷却対策。それが冷却グッズの利用!

いろんなタイプの冷却グッズがあります。

あなたのノートパソコンや作業環境などに合わせて選びましょう。

狭いスペースではかさばるものは必要ないし。

逆に冷却機能重視!という人なら多少場所を取っても構わないということで、大きいものでも導入できるかも。

では、さっそくお勧めのノートパソコン用冷却グッズをご紹介したいと思います!

ノートパソコン(ASUS)用冷却グッズは4種類

ノートパソコンが熱くなったときどうするか?

それは

空気の流れをよくすること

が重要なポイントとなります。

空気循環を良くすることですね。

熱い空気を送り出し、冷たい空気を取り込むことが出来ればOK!

ノートパソコンの内部でそのような空気循環ができると、熱は発生しません。

ノートパソコンの冷却グッズは4つ!!!

ノートパソコンの内部の熱を送り出すためのグッズは大きくわけて4つあります。

それでは、その4つのタイプについて解説しましょう。

それぞれに特徴がありますので、ノートパソコンの型に合わせて選んでくださいね^^

①卓上ファン

卓上 ファン

卓上ファンとは、机上に置いて使うタイプのミニ扇風機のことです。

ノートパソコンの近くに設置することで、パソコン本体へ風を送ります。

すると、ノートパソコンの熱を防ぐことができるんですね。

USBで接続するタイプが多いのが特徴。

USBにつなげるだけ!ってシンプルで使いやすいですよね。

価格帯も1,000円ほどなので、買いやすいと思います。

➁ファン付き冷却台

ファン 冷却台

ファン付き冷却台とは、ファンが付いたノートパソコンを置く台。

この冷却台は空気の流れを良くします。

冷却台の上にノートパソコンを置くだけなので、楽ちんですね。

ファンの音は調整できるので、音に敏感な人でも安心して使えます。

つまり、ファンの数を減らせば静かになります。

15~17インチのノートパソコンで使えます。

こちらも価格帯は3,000円ほどです。

➂排気と吸引が強化されたファン

排気と吸引 ファン

排気と吸引に強化されたファンとは、ノートパソコン横についている排気口に取り付けるタイプの冷却ファン。

ファンが回転すると外へ熱い空気が出されます。

排気口に取り付けるだけなので、ノートパソコンの高さを変えたくない人にお勧め。

3,000円ほどで購入できます。


音の問題は多少あるようです…💦

➃エアフロー効率化用の台

ノート スタンド

これまでご紹介したファンの付いた冷却台とは異なり、ファンがついていないタイプの台です。

ただ台の上に置くだけ。

ノートパソコンと机の間、またはノートパソコンと床の間に隙間を作るので、風が通るようにするという構造です。

風の強さを調節する必要もないので、手間いらずですね。

4,000円ぐらいで買えますよ。


目線が安定して、姿勢も良くなるというメリットもあります!!!

ノートパソコン(ASUS)冷却グッズお勧めはこれ

は~い、ここからは本題です。

一番お勧めのノートパソコン用冷却グッズをご紹介します。

4つの種類!

それぞれ特徴と価格を書いていきますね。

①卓上ファンお勧め製品

軽くて持ち運びが楽な卓上ファン。

卓上というぐらいなので、机の上に置ける小さな扇風機。

使わないときは、折りたたんで本棚に挟める!引き出しの中にしまえる!

使うときもどこにでも置ける大きさ!

ダークブラウン、ライトブラウン、ホワイト、ライトグリーンと4色から選べるので、インテリアに合わせられます。お値段はそれぞれ若干違いますけど💦長く使うなら好きな色で!

風量は3段階。

USB接続で使えます。

ノートパソコンを立ち上げないときは、単3乾電池4本でもOK!

評判はというと。。。

  • 音が静かでパワーがある。
  • 静かで風量も十分
  • 強だとウィーンという強い音がするけど、ずっと強で使うわけではないので気にならない。
  • コンパクトで軽い!
  • 常に風が吹いていると気持ちいい

 

こちらもUSB接続タイプの卓上ファンです。

やはり、ノートパソコンを冷却することが目的なので、USB接続するだけっていうのは大きなポイントですね。便利ですよ!!

気になる価格ですが、先ほど1,000円ぐらいで買えますと書いたのですが、ぴんきりで。

1,000円ぐらいから買えますというのが妥当ですね。

3,000円あればばっちり良いのが見つかりますよ。

➁ファン付き冷却台お勧め製品

お勧めラインナップはこちらですね。

まずは色がかっこいい!と評判のブルーのファンが付いた冷却台。というかブルーLEDライトが付いた冷却台。作業中にブルーのライトって脳をクールダウンしてくれそうですよね。

青には鎮静効果があるそうですよ。

12インチから15.6のノートパソコンが乗せられます。

滑り止め防止の板があるので、大きなノートパソコンでも滑り落ちません。

ここで少し評判を紹介。

  • 夏場でも手で触って分かるほど冷却できてる!
  • みかけがカッコイイ
  • 音が静か
  • 6段階なので、夜中は1にすれば全然音が気にならない
  • ノートパソコンもPS4も冷却ばっちり
  • 1段階でもしっかり冷却できる

これだけ評判が良いと買いたくなりますね。

そして次はこちら。

大きなファンが1つ付いた冷却台。

折り畳み式スタンドなのですが、0度から360度まで回転自在!

机の上だけでなく、床の上、テーブルの上、はたまたソファーやベッドの上でも自由に高さや角度を調整して使えます。

どうしても作業時間が長くなってしまい、腰が痛い、首がいたい、手首も痛い。そして、ノートパソコンも熱い!となると、姿勢を変えたり、冷却ファンを導入しないとやってられないですよね。

そういうときの強い味方です。

サイズ:幅53×奥行26×高さ4cm
マウス台あり

口コミは?

  • セットした後触ってみると全然熱くなっていない!
  • 思っていたよりずっと安定している。
  • 軽いのに固定がしっかりしている!
そして、こちらももっと強い味方!!

冷却ファンが二つ付いてます。

実はこの製品、私が使っているものでお勧めなんです!

仕様はこんな感じ

重さ:1.3kg
本体の寸法:横58cm 奥行き28cm 高さ4cm
天板寸法:横48cm 奥行き26cm
高さの設置範囲:4cm ~ 49cm
ジョイントの稼動範囲:360°
天板荷重:5kgまで大丈夫!

材質はというと。。。

天板と脚はアルミニウム合金なので軽量で耐久性が高いです。

ジョイントとサイドテーブルはABS樹脂。これも高耐久耐熱性ですね。

私のノートパソコンはインチですが、13.3インチですが、

17インチのノートパソコンまで置けるので、かなり大きめのものでも大丈夫。

byaway 大きさ

自在に動くので、畳の上でも、ベッドの上でも使えます。

曲がる角度は15度ずつで、360度まで回転できます。

アマゾンで注文したら、こんな箱に入ってきました。

laptop fun

収納して折りたたんだときの高さは4㎝と薄い。

マウス台と説明書です。

マウス台 説明書

ネジで設置する形ですね。

真上からみた図。

真上 ズ

USB接続する場所、見えますね。

裏はこうなっています。

裏 見える

ファンが2個ついてます。

なぜ私がこちらの商品を買ったのかというと、

勉強、読書、食事ができる!

映画や動画鑑賞もできるから!  

そう、ノートパソコンの冷却台としてだけでなく、他の用途でも机として、テーブルとして使えるからなんですね。

もちろん冷却機能も抜群。

口コミはというと。。。

  • 動画をみるので、熱を持つのが気になっていましたが、この冷却台はファンで熱を飛ばしてくれるので
    熱が気にならない!
  • デザインがかっこいい!
  • 想像より軽く、耐久性も良い!
  • 収納の際小さく折りたためるから省スペース
  • 背中も腰も曲げないで済むから、体が楽になった
  • 読書台にもなる!
  • 放熱効果が良い!
  • 首や手首の痛みから解放された 

 

熱の冷却だけでなく、マルチに便利な冷却台ということですね!

テーブルの上で作業するときはこんな感じに置けます。

テーブル ↑

滑り止め防止として、クリップもついていますので、ノートパソコンは絶対にずり落ちません。

滑り止め防止 機能

読書するときにも役立ちますね。本は落ちません!

というわけで、私のお勧めはこちらの冷却台

是非ともBYAWAYの冷却台をクリックして製品チェックしてみてくださいね~。

➂排気と吸引強化ファンお勧め製品

さて、お次は排気と吸引に特化されたノートパソコン用のファンです。

まずはこちらのUSB接続タイプ。

290gという軽量でコンパクトなサイズ。

寸法は8×4㎝と片手で持てるサイズ。

自動モードでは温度センサーが勝手にノートパソコンの温度を測定してくれるので、ほぼ放置でも勝手に冷却してくれます。

手動モードでは13段階という細かいレベルで冷却を調整できます。

すごいですよね、自動モードも手動モードも。

気になる評判はこちら。

  • 効果が劇的!
  • 買って正解!
  • エアコンのない部屋でも十分ノートパソコンが冷却できる!
  • 2時間連続で高画質動画を再生しても熱くならない!
  • ファンの音は許容範囲内!
  • この価格でこの冷却効果なら買いです!
  • 熱暴走しなくなった!
  • 異常な発熱がなくなった! 

 

そして、こちらの排気吸引タイプ冷却ファンもお勧めです。

パワフル冷却が売りのOPOLAR製品は、1分間に7~9度も冷却出来る!

信じられないほどスピード感ありますよね、この冷却は。

重さは73gとものすごく軽いです。

温度が表示されるというのが売りですよね。

5秒の長押しで摂氏と華氏を切り替えられるので、海外でも使いやすそうですね。

もちろん製品は1年保証だから、万が一壊れても安心ですね。

➃エアフロー効率化台お勧め製品

こちらは角度を調整できるタイプのノートパソコンスタンド。

姿勢も良くなるし、腰痛対策にもぴったり!

猫背にならないためにも是非使いたいところです。

折り畳みもできるので、省スペース。使わないときはたたんでおけばいいし、持ち運べます。

天板の高さは一番低いところで3㎝

一番高くすると15㎝となります。

折りたたんだときの厚さは4.5㎝(滑り止めの爪を含めると6㎝)

こちらは使ってみた人の感想です。

  • 液晶タブレットやiPadなどでお絵描きしていてる人で、高さを変えたいと思ってる人向け
  • 姿勢が悪い、肩凝りが酷いなどの悩みがあり、少しでも上に上げようとして購入したらよかった!
  • 2000円ぐらいの安物は腕の重さが乗った時に角度が曲がったり、ガタガタ揺れるが、こちらの商品はそういうことがない!
  • 一枚板を曲げたタイプのPCスタンドと比べて悩んだ挙句、こちらを選択した結果、大正解!
  • 両手を乗せてタイピングしても、腕の重さで角度が変わらない
  • ヒンジ部分は硬く作られており、自分の好きな角度をキープしてくれる

いいことづくめですね~。

見た目もかっこいいので、「出来る奴!」って感じです。

まとめ

ノートパソコンが熱くて困る!熱くならないようにするにはどうしたらよいか?というテーマで書きました。また、熱対策に便利なグッズを紹介しました。

どれもだいたい3,000~4,000円前後で購入できる商品ばかり。

ノートパソコンの購入と比べると、目玉が飛び出るほど高額な商品でもないので、この際付属品として購入して試してみるのも良いと思います。

もし、熱暴走が原因でノートパソコンが壊れた!となったら、それこそ修理代の方がかかるでしょうから。。

そんな事態を招かないためにも、長くノートパソコンを愛用するためにも、ぜひ冷却グッズを試してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)