『星の王子さま』第16章 最後にたどり着いた惑星 地球

星の王子 アイキャッチ




こんにちは、えりえりです!

 

王子さまが最後にたどり着いた星は

地球

地球はどこにでもある星ではなく、とてもユニークなんだそう。

 

地球に住んでいるのは誰?

地球には、百十一人の王さまがいるそうです。そこには黒人の王さまも含まれているとか。王さまはたくさんいるのですね。

 

さらには、七千人の地理学者がいます。こちらはもっと多いです。

 

そして、九十万人の実業家が存在します。もっと増えましたね。

 

いえいえ、もっとすごいのは次の数です。

七百五十万人の酔っ払いがいるというのですから。

 

そして、なんと、

三億一千百万人の見栄張り男たちが住んでいるというのです。これが一番大きな数字ですね。見栄を張る男が一番多いのですか。

 

合計で約二十億人の大人たちが住んでいる地球に、王子さまは到着しました。

スポンサードリンク

 

点灯夫がたくさんいたけど

電気が発見される以前は、六大陸合わせて、四十六万二千五百十一人の点灯夫を配置する必要があったそうです。これは、語り手の「ぼく」によると、一つの本物の軍隊に匹敵する数だとか。

 

王子さまが「少し離れて」見ると、世界中の点灯夫たちの動きが見えたそうです。え?「少し離れて」というと、空からなのでしょうか。

 

まずは、ニュージーランドとオーストラリアの点灯夫たちの番。彼らが登場して街灯に火をつけると、寝に行きました。

 

次は、中国とシベリアの点灯夫たちの番。彼らは踊ったそうです。え?踊った?そして、彼らも舞台裏へ姿を消したそうです。

 

それから、ロシアとインドの点灯夫たちの番。その次は、アフリカとヨーロッパの点灯夫たちの番。それから、南アフリカの点灯夫たちの番。そして、北アフリカの点灯夫たちの番。

 

彼らは登場の順番を絶対に間違えず、壮大な眺めだったそうです。そう、まるでオペラのバレエ団の動きのようだったとか。

 

面白いのは、北極のただ一つの街灯の点灯夫と、南極のただ一つの街灯の点灯夫だけは、ひまでひまで仕方がなかったらしいです。のんきな生活を送っていたらしいです。年に二度だけ、仕事をしていたとか。たくさん寝る時間があったでしょうね~。

 

地球が回っていること、そして世界の国々は順番に夜が明け、日が昇り、沈むということ。

 

点灯夫たちの働きを例にしてあるんですね。なんともユニーク。

 

地球上の夜の様子、想像できますか?

スポンサードリンク

 

こんな風に点灯夫たちが一つ一つ明かりをつけていると思うと、遠くから見ると可愛らしいですよね。

規則正しく、順番に職務をこなす姿はまるで兵隊さんのよう。

 

それにしても、空の上からというより、宇宙の遠くから、の方が表現としては近いかもしれないですね。

王子さまのように、自由に宇宙空間から見てみたいものです。

 

 

科学の進歩により、宇宙についていろんな知識が増えていく私たちですが、文学の力を借りて想像力を働かせながら、地球について考えるのはわくわくしますね。

子どものときの気持ちを思い出します。

 

大人になると現実的なことばかり考えるようになります。でも、

子どもの心は自由。

発想も自由。

だから、話の展開も論理的でなかったり、急にどこからともなく新しいものが登場したり。

 

『星の王子さま』のお話も、現実的に覚めた目線で読むと、ストーリーの中へ入っていくのが難しいと思います。

 

そんなときは、子どもの頃を思い出してみる。

どんなストーリー設定でも、どんな展開でも受け入れるという気持ちで読むと違います。

ちょっと表現は変ですが、「何でもあり」なのです。それがお話のよいところ。

 

スポンサードリンク

ですが、注意しなくてはいけないのは、子どもが読んだところで、この本は難しいということです。言葉遣いやイラストの多さなどからすると、子供向けの物語と捉えられても仕方ないのですが、これは大人向けの児童文学です。少し矛盾していますが。

 

でも、子どもにも読んでもらいたいです。まずは、子どものときに読んでおく。わからなくてもいい。その「わからなさ」がまた印象深くて良いと思います。

 

そして、大人になってからまた手にして読む。きっと新しい気づきや発見があると思います。王子さまが言いたいことは何だったのか、大事な花が象徴しているものは何か。それぞれの惑星に住む個性的な大人は何を表しているのか。最後にたどり着いた地球の意味とは。

 

表すものが深すぎて、子どもだとピンと来ないと思います。というか、物語に書かれている事柄をそのまま「ふーん、そうなのか」と思うでしょう。

 

でも、大人になるにつれて、物語の裏に書かれている部分が分かってくるんだと思います。深い文学ですね。不朽の名作と言われる所以です。

 

私も、自分の子供時代を終了し、親となり、子育てをする番になり、気づきや発見がたくさんあります。実体験でもありますし、『星の王子さま』を読んで「ふむふむ、なるほど~」と思う場面もあります。

 

長生きはしてみるものですね。親になれて良かったと思います。

 

もっと読み進めて、面白い発見の続きをしようと思います。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)