新元号の発表日はいつ?有力候補の漢字をランキングから予想!

新元号 発表日




こんにちは、えりえりです!

天皇陛下が即位される日は2019年4月30日。

あと1年もないですね。

そして、新しく皇太子様が天皇陛下になられます。

 

さて、気になるのが元号ですよね!!!

いつ新元号は発表されるのでしょうか。

発表日が決まったようです。

 

元号が変わることを「改元」と言いますが、改元のときには、政府の情報システムの改修などが関わってくるため、大変な作業が発生します。

予め時期を設定して国民の生活に支障がないように、システム改修の準備を整えたいところですよね。

 

また、新元号は何になるのでしょうか。

有力候補の漢字をランキングから予想してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

新元号の発表日はいつ?

2019年4月1日ごろと言われています

というのも、2019年5月1日に新元号に切り替わり、新しい天皇陛下が誕生するわけなのですが、政府の方としても「1か月ぐらいあれば大丈夫なのでは?」と予想しているんですね。

果たして政府の予想は当たるのか?

 

新元号の有力漢字の候補は?

新元号に使われる漢字は2文字と決まっています。二字熟語ということですね。

二字熟語というと、一般的には2つの漢字が結びついて、構造上ひとつの単語と同様の意味を表すものなんですが、元号に関してはどうなのでしょうか。

新元号には、国民の理想としてふさわしい良い意味がつけられるようにと、考えられているそうです。

 

読み書きしやすく、俗用されていない漢字。

う~ん、そんな漢字ってあるでしょうか。

 

そして、もう一つ大事なのは、新元号には、これまでに使われていない漢字を使うこと

結構、条件が多いですよね。これというのも、1979年に制定された元号法というのが基本になっているのです。

 

1979年に制定された元号法がどういうものかというと、たったの2項から成り立っています。

元号法
  1. 元号は、政令で定める。
  2. 元号は、皇位の継承があった場合に限り改める(一世一元の制)。

 

ですが、システム上の都合もあるわけで。英語表記にしたときに、頭文字が大正・昭和・平成と被ってはいけないんだそうです。

 

大正のT、昭和のS、平成のH。確かに、これまでの明治のMにしても、被っていないですね。

細かいことですが、大事なのですね~。

データ管理の都合上、各種の申請書などのためにも、M/T/S/Hのように申請用紙には表れるわけですが、MTSHのアルファベットは使われないってことですね。

 

新元号の漢字を予想

では、新元号にはどんな漢字が使われるのでしょうか。

各専門家などの予想は「感永(かんえい)」「喜永(きえい)」「景星(けいせい)」などです。

スポンサードリンク

どれも、音読みが中心ですね。

熟語になるから当たり前なのかな。訓読みにしたら、送り仮名が必要になりますからね^^

 

この「永」の字は、元号ではよく使われていますよね。

「寛永」とか「永観」など。あれ?使われた感じは使っていいんだっけ?

 

2文字とも使われていない漢字というわけではないようです。

2文字のうちのどちらかが使われていない漢字であればよいのでしょう。

元号にはまだ「感」という字は使われたことはありません。

 

と思ったのですが、読者さんにご指摘いただいたように「天平感宝」というなんだかおめでたい漢字の元号が奈良時代にありました。

「宝」の字は良いことありそうですね^^

 

「感受性」とか「感動」「感激」とかあるように、感性に関係する漢字ですね。

これからは「モノ」より「こころ」が大事な時代ですから、良い選択肢かもしれないですね。

 

「喜永」の「喜」という字は「喜ぶ」の意味ですね。

喜ばしいことがたくさん起きるようにと、そんな願いを感じます。

 

日本だけでなく、世界中で自然災害に苦しむ人々は多いですし、紛争や凶悪な事件などはなくなりません。

そういう意味でも、喜びがいっぱいの世の中になって欲しいですよね。

 

そして、「景星」とはまた新しい時代を感じさせますね。

「景色」「景観」などに使われる「景」の字。

「ながめ」とか「その場のありさま」という意味があるそうです。

ちゃんと現実を見よう、みたいなメッセージを感じてしまうのですが、いかがでしょうか。

 

そして、「星」の字は地球を表しているのでしょうか

私たちが住む地球も温暖化したり、環境破壊が進んでいますよね。

絶滅危惧種も増えていき、生態系も変化しつつある。

もっとこの地球を大事にしないと、人類もいつまでも平和ではないかも~なんて思います。

 

ちょっと考えすぎかもしれませんが、時代が変わるときに、どういう時代になって欲しいかよく考えることも大事ですよね。

 

他にも、ネット上で予想されている元号を調べてみたところ、このような二語が見つかりました。

  1. 安化
  2. 建和
  3. 弘永
  4. 安長
  5. 永明

なんだか、戦国時代の元号みたいですね。

これだけテクノロジーが進化した時代ですが、国民は古い時代の面影を追い求めているのでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか。新元号の発表日と、有力な漢字の候補をランキングから予想してみました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)