日付データは西暦にすべきだった省庁の行政システム~新元号で混乱

日付データ 西暦




こんにちは、えりえりです!

2019年5月1日からいよいよ新元号になりますが、果たして行政システムの方は大丈夫なのでしょうか。

省庁の日付データはいつも和暦、つまり元号での年を使いますよね。年の表し方が2通りあるので、役所の手続きや学校の書類など、いつも指折り数えたり計算したりと、紛らわしいと感じているんですけどね。

て、来春には新元号に切り替わりますが、行政システムの日付データは、新元号での表記が間に合わないそうです。間に合わないって?!困りますよね。どうなるの、データ管理は?

省庁データの日付問題についてちょっと考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

省庁データは西暦にすべき?

2019年5月の改元に伴い、政府は各省庁が運用する行政システムの日付データについて、西暦に一本化する方針を打ち出しました。

そうです。和暦ではなく、西暦の方です。

いまごろ~?という感じもしますよね。遅すぎませんか?平成になってからもう30年も経っています。

そして、この改元直前になっての変更。間に合うわけないでしょう。

慌てて西暦に一本化する方針を打ち出していますが、2019年5月には間に合いません。当然ですよ。

全ての省庁の全ての現行の日付データを変更していかないといけないわけですからね。膨大なデータ量ですよね。

システム改修費の大幅削減になるとわかっているなら、もっと早い時期にやっておくべきではなかったか?

 

日付のデータ形式を統一するのは大賛成です。これでシステムを連携しやすくするのは目に見えています。

なんでももっと早い段階でこういう話を進めてこなかったんだ、政府は。

ツイッターでも「だから、最初からそう言ってたじゃん」と何万人かが呆れているという現実を、政府は知っているんだろうか。

政府の仕事ってスローペースだよね。いくらスローライフが流行っているからといって、こういうことをスローにはして欲しくない。

改元は今回が初めてじゃないのに

思えば、30年前も同じように改元がありました。

30年前といえば、いまほどコンピュータやITも発達していなかったとは思います。

ですから、日付の種類が西暦と和暦の2通りがあることで、不便もあったと思います。

昭和63年まであったかと思えば、その次は平成元年という、急に数字が「1」に戻るわけですからね。

コンピュータの方でも、切り替えるのが大変だったと思います。

元号を廃止しよう、なんていう強い意見もツイッター上には上がっています。

まあ、それほど大変革してしまうのも無理があると思うので現実的ではないですよね。伝統だし、日本人もそういう和文化好きだから。

失くすまではしなくていいかな、と。

スポンサードリンク

西暦2000年でもミレニアム問題あった

もう今から18年も前の話ですが、ミレニアム問題(2000年問題)ってありましたよね。

スポンサードリンク

それまでは、1992年とか1996年とか1900年代だったので、下2桁の数字を使っていました。

そのやり方で100年近くもデータ管理していたので、よかったんですけど、2000年以後はまた数字が01からになってします。

1901年と2001年でごちゃごちゃになるかと心配になりましたよね。コンピュータ上でデータ管理に支障がでることが懸念されました。

平成になる30年前まで遡らなくても、18年前に似たような経験というか、教訓がありました。

対応の遅い政府ですが、やるべきことはちゃんとその時期に間に合うようにちゃんとやって欲しいよね。

西暦表示はシステム上のみゆえの問題とは?

西暦での統一は省庁のデータシステムのみ。

だから、我々一般人が書類を書くときなどは、相変わらず和暦を記入する欄があるということですよね。紛らわしい~!

 国民から普通に見た部分は変わらず和暦を書類上使い続けるのですね。どうなんだろう。生活しやすくなるんだろうか。かなり疑問です!

ですが、政府や省庁で元号を使わなくなったとしたら、一般に販売されているカレンダーにも使われなくなっていくだろうと思う。

個人的に趣味でしか使う人はいなくなってしまうのかもしれない。

それとか、「暦の上では立春です」「暦の上では八十八夜です」みたいな風に、「へ~、そうなんだ」というレベルにまで落ちていってしまうかも、元号の存在が。そうすると、使わなくなっていきますよね。

そういう事態を避けるためにも、元号での表記は公に使うべきなんだろうか。

 

 

まとめ

いかがでしたか。改元に伴い、行政システムの日付データが西暦に統一化されるという話題をお送りしました。政府よ、もっと賢く税金を使っておくれ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)