チェ・ダビンがハーフ顔で可愛い!ガンで亡くなった母のために




こんにちは、えりえりです!

女子フィギュアスケートのチェ・ダビン選手が、平昌オリンピックで自己ベストを更新しました!

 

チェ・ダビン選手にとって夢の舞台であるオリンピックで、自己最高得点を獲得できたのは大きな成果ですね。地元韓国でも大盛り上がりのようです。

 

とても可愛いチェ・ダビン選手について書いてみたいと思います。

 

チェ・ダビン選手はハーフ顔

ポスト・キムヨナと言われるほど注目されているチェ・ダビン選手ですが、確かに容姿もキム・ヨナさんにちょっと似ている気がしますね。韓国で愛されるメイクをしているせいでしょうか。

 

チェ・ダビン選手はキム・ヨナさんに憧れていて、ヨナキッズと呼ばれるキムヨナの教え子の1人なんだそうです。5歳のときにスケートを始めたチェ・ダビン選手は、キムヨナさんの滑りを見てスケート選手になろうと決めたそうです。

 

ですから、キムヨナさんと同じスリ高校へ進学し、キムヨナさんがマネージャーを務めるクラブ「オール・ザット・スポーツ」に所属しています。

 

スポンサードリンク

ここまでくると、師弟関係は固い絆で結ばれていそうですよね。キムヨナさんも、チェ・ダビン選手を引き上げるために最大限のサポートをしているに違いありません。

 

さて、チェ・ダビン選手は、ややメイクが濃い気がしますが、ハーフのようにも見えますね。ですが、両親は韓国人です。

 

スポンサードリンク

 

2013年にカナダ留学をしているので、メイクやファッションも影響を受けたかもしれないですね。それ以前にも、韓国女性は小さいときから美へのこだわりが強いので、メイクも若いころから上手にする人が多いようです。

 

 

すっぴん顔のチェ・ダビン選手も可愛いですね。メイクだけでは美女になれないことの証明??元が可愛いからメイクするとより一層美に磨きがかかるのですね!

スポンサードリンク

 

最愛の母をガンで亡くして

チェ・ダビン選手は2017年に最愛の母を亡くしています。ガンになり、闘病生活を送っていたのですね。

 

オリンピック出場をかけた選抜戦の直前の出来事だったので、ご本人は深い悲しみとショックで精神的に辛かったと思います。

 

それでも、翌月の第一次選考では1位になりました。歯を食いしばって頑張ったのでしょうね。

 

ですが、その後しばらくは練習に集中できない日々が続きました。それも当然ですよね。

 

そして、オリンピック直前の12月には、小学校時代に指導を受けたコーチに再び習うようになり、気持ちを取り戻していったようです。「お母さんと一緒にひたすら頑張ってきたことをやれば勝てる」と強く励まされたそうです。

 

1月の最終選考では、とうとうオリンピック出場選手に見事選ばれたのです。

 

このコーチはキムヨナさんも指導した経験を持つ凄腕コーチなんだそうです。やっぱりここでもキムヨナさんの存在が大きいのですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。注目のチェ・ダビン選手について、その美しさと強さについて書いてみました。キムヨナさんに憧れる強い気持ち、そして母を想う気持ちが大きなエネルギーとなって、今回のオリンピックでは自己ベスト更新しています。これからの活躍も楽しみです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)