子供の褒め方はこれ!育児はアイメッセージで伝えて自己肯定感を育てよう

子供 褒め方




こんにちは、えりえりです!

 

「褒めて育てる」は最近の育児の流行り。

でも、どうやって褒めたらいいんだろう。

「すごいね~!」

「かっこいいね~!」

「偉いね~!」

 

 

よくこんな言葉を言いますよね。

もちろんこれらは褒め言葉。

 

でもこの言葉には実は

隠れた恐ろしい力があるんです。

 

こういう言葉を親からかけられて育った男の子達が家庭内暴力や性犯罪など犯している事件が起きているんです。なぜでしょう~?

 

それは、間違って植え付けられたセルフイメージなんですね~。

「自分はすごい!」

「自分はかっこいい!」

「自分は偉い!」

 

実はこれは自分で感じた自分のイメージではなくて、他人から与えられた評価によるもの。

人からの評価ばかりを気にしている子に自信がつくはずもない。

 

こんな本が流行っています

 

竹内エリカさん著『マンガでなるほど! 男の子に「すごい」「えらい」はやめなさい。』(主婦の友社)


 

この本では、褒める言葉を選ばないと子供には本物の自己肯定感が育たないっていうことを言ってるんですよ。

 

ふむふむどういうことだ?

 

うちの子もどちらかと言うと自信がないタイプなので、自信をつけさせたいと思っていっぱい褒めてるんだけどどういう風に褒めたらいいのか考えてみました

スポンサードリンク

 

ユーメッセージではなくアイメッセージで

 

「すごいね」「かっこいいね」「偉いね」これらは相手が行ったことに対する評価。「あなた」が主語になっているんです。だからユー(you)メッセージ。

言われた子は人の評価を気にするようになり、他人の意見にばかり左右される人間になる可能性がある。これは竹内エリカさんも書いてます。

 

ユーメッセージは自分が他の人よりデキる奴だとか、人と比べてできるって言う考え方を身に付けてしまう。

 

それだと自分を追い込んでしまうし、余計なプレッシャーになりますよね。

いつも人と比べていると疲れてしまう。

 

それよりもアイメッセージにして、その子が頑張ったプロセスを褒めてあげるといいですよ。「わたし」を主語にする伝え方。

 

私はこう思ったよ。こう感じたよ。それを伝える。

「頑張ったね」

「よかったよ」

「たくさんできたね」

 

 

これらの言葉は親が子供の行動をちゃんと見ていたから言える言葉。

言われた子供にとっては ちゃんと見ててもらえたという安心感を覚えて、自信がつくんです。

 

点数や評価が付くものに「えらい」「すごい」は禁物!

テストで100点をとったから「えらい!」

コンテストに入賞したから「すごい!」

これらは一見普通のコメントだし、誉め言葉。

 

でも、裏を返すと、テストで100点を取れなかったから「すごくない」

コンテストに入賞しなかったから「すごくない」

ってことになる。

 

まして、一度「えらい」「すごい」と褒められると

次ももっと良い結果を出して褒められたいと思うようになる。

 

欲望は増すんですね。

スポンサードリンク

 

良い点が取れなかったり、コンテストで落選したら「すごくない自分」「えらくない自分」に不安を持つようになる。

 

そうすると自己肯定感が低くなると竹内さんも書いています。

 

私もね、思うんです。

 

親がどう思うかばかりを気にしなくちゃいけない子供の気持ちになってみると、胸が痛い。

 

自分がそういう子どもだったから、親に気に入られることばかりをしようとしてきたから。それは自分自身を苦しめてしまう。

 

いつまでたっても、子どもは自分に満足することができない。

永続的に続く不安な気持ち。

 

これって相手(親)の気持ちが主体になっているからなんです。

 

では、どうしたらよいのでしょう?

スポンサードリンク

 

実況中継と発展的なコメントを与える

私が思うに、子どもがしたことそのものを実況中継する。

これが一番かなと。

 

2~3歳の子供なら、

「自分で靴が履けたね!」

「手を洗ったね!」

「おしっこって言えたね!」

 

 

とその子がしたこと・できたことをそのまま言葉にしてあげるだけ。

 

すると、その子は

「自分はこれができたんだ」と自覚する。

 

言葉の発達がゆっくりだったうちの長男にも同じことをしました。

 

自分のやったことを認識するために、親が言語化してあげる。

少しずつ脳に記憶されたんじゃないかな。

 

できたことを認識し、できたという喜びを感じ、親に共感してもらう。

喜びは倍増して、自信がついてきたんじゃないかな。

 

長男にはちょっと難しかったかもしれないけど、私がプラスアルファで心掛けてきたこと。

 

それは、実況中継の後に発展的なコメントを付け加えたこと。

「靴が履けたから、お外へ行けるね」

「手を洗えたから、ピカピカになったね」

「おしっこって言えたから、ちゃんとおトイレに行けたね」

 

 

と次の行動にもつながることを示してあげた。

その次の行動というのも良いことを言ってあげる。

 

「コレができるとアレもできるんだよ」と楽しみが増える方向でなるべく伝えた。

長男の脳にどれだけ届いたかわからないがw。

でも、そうやって嬉しいことがいっぱい増えるんだよって親が楽しそうに話すと、そのハッピーオーラは子どもに必ず伝わる。

 

親がご機嫌だと子どももご機嫌になるから、そこは意識したいよね。

 

子供の存在そのものを認める

一番大事なのは

その子の存在自体に価値があることを伝える。

 

生きていてくれることが大事なんだよ

 

って親が伝える。

 

抽象的で難しいけど、結局は何をしても受け入れてあげることなんだよね。

 

よく出来たことも、よく出来なかったことも、優劣を付けずに、しっかり関心を持ってあげること。「私はあなたのこと見てますよ~」のサインを送り続けること。

 

そうすると子供は安心する。愛されていることを感じるから。

自分を認めることができる人間に育つんだよね。

 

と口ではわかったようなことを言いながら

次男にはしょっちゅう

「ねぇ、ママちゃんと見てよ!」

と怒られてマス!

 

まとめ

子供を褒めるときはユーメッセージではなくアイメッセージで伝える。親の気持ちをストレートに伝えること。点数や評価が付くものに「えらい」「すごい」は禁物!実況中継と発展的なコメントを与える。そして、子どもの存在そのものを認める。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)