感情コントロールができない発達障害の子供に有効な訓練とは?効果的な方法を紹介!

感情コントロール 訓練




こんにちは、えりえりです!

発達障害を抱える子供の特徴としてよくあるのが強い「こだわり」。

毎日接しているママやパパはうんざりしてしまうような「こだわり」。

 

どうしてうちの子はこんなにこだわるのぉ~??

もう、いい加減にしてよぉ~!!って叫びたい気持ち。

わかります!!!

 

その子供によってこだわりの内容は違いますが、発達障害の中でも自閉症スペクトラムの子供やADHDの子供はこだわりを強く持つ子が多いようです。

我が家にも強いこだわりを持つ子供が一人いるのですが、一旦スイッチが入ると止まりません。

うちの子供の場合は、それが「服」なのですが、この記事をお読みになっているあなたのお子さんはどんなこだわりがありますか?

悩みたくないけど、悩まされている「こだわり」。

感情のコントロールができるようになれば、少しは楽になるかもしれません。

今回は、感情コントロールができない発達障害の子供のために、有効な訓練法をご紹介したいと思います。

感情コントロールのための効果的な方法をいくつかご紹介しますね^^

 

感情コントロールができない発達障害の子供を観察してみよう

うちの子の場合は、「服」への強いこだわりがあり、思いつくとすぐに着替えます。

他に夢中になれることがない。。。

というのが最大の原因かもしれません。

 

遊びの種類も少なく、お絵かきか文字を書く、動画を観る、自転車に乗る、ぐらいしか好きな遊びがなくて。。。

 

自分で自由自在に、思いのままに手を動かすことができるから、楽しいのでしょう。

ですが、見ていると苦しくなることもあります。

 

自分で決められないから。

スポンサードリンク

最終的にどれかを選んで「今日はこの服で過ごす」と自分で決定できないから。

親としてはちょっと切ないです。

 

しかも、自分で選びきれないから、自分にイライラし始める。

負の感情が湧いてきて

しまいには怒りの感情が登場。

 

すると親の方にも負の感情が伝播します。

 

えりえり
感情は移るからね~。
ママ友ゆり
どこかで食い止めないと!

 

今回は、強い「こだわり」があるために、自分の感情をコントロールできない子供の観察してみようというテーマです。

 

感情コントロールが上手くできない背景には、気持ちの切り替えが上手くできない、目に留まったものにすぐ目移りしてしまうといった特徴もあると思います。

 

では、どんな訓練が有効なのか、一緒に考えてみましょう。

 

感情コントロールができない発達障害の子供に有効な訓練とは?

時間で区切る

よく療育で言われているのが、

時間で区切る

です。

 

あと〇〇分で終わる。

○○時までに終了する。

 

と約束事を決めておく。

追記します。

 

あと何回、あと何個と数を決める

 

追記します。

 

深呼吸して、6秒数える

追記します。

 

 

感情コントロールができない発達障害の子供に効果的な方法は?

 

疲れをためない、休息をとる

 

好きなことに没頭させてあげる

 

日ごろから体をよく動かして運動する

 

睡眠をよくとる


よく読まれている記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)