野田聖子「女性政治塾」の開催概要や講義の内容と応募資格に疑問




こんにちは、えりえりです!

野田聖子氏が4月から開催予定の女性政治塾について、開催概要や講義の内容についてコメントしてみました。また、応募資格についての疑問点なども書いてみました。

 

岐阜市から変革を起こすことができるか

岐阜市の人口は40万人。その数は世田谷区の半分ほどです。他の都市と同様に高齢化の進む岐阜市で開催して、果たして人が集まるのでしょうか。

 

日本の衆議院における女性国会議員は10人に1人です。少数派ですよね。

 

G7の中でも最下位だし、議会同盟によるランキング193か国中157位と下の方です。確かにこれは何とかしなければならないですよね。「日本は男社会だ!」と言っているようなものですから。

 

設立趣旨は立派ですが

政治分野で女性の参画が遅れているのは事実。国会議員だけでなく、地方議員でも女性は少ないですね。

 

いろんな業界での女性の活躍を促すには、政治分野からの女性によるリーダーシップが大事だと野田さんは訴えます。

 

だから、女性政治家育成塾を岐阜県に作ろうということなんですが。

 

主義主張や党派を超えて、岐阜県内から情熱のある女性が集まるでしょうか。


女性の活躍と女性の政治参画の推進を目指す、やる気のある女性たちが集まるでしょうか。

スポンサードリンク

 

講義内容や開催概要について

国や地方自治体の現状や課題や、それらの解決のために必要な知識や考え方などを各分野の専門家たちから学ぶという講義。

 

議員になったとして、それらの政策提言が出来るようになることが目的となっています。

 

かなり広範囲な問題意識ですね。膨大すぎるので、塾生一人一人から問題提起してもらうのでしょうか。例えば、少子高齢化について、待機児童問題について、などでしょうか。

 

各分野の専門家が講師となってくれるそうなのですが、どういう専門家に来て頂けるのか知りたいですね。

 

ちなみに、入塾金1万円、受講料1万円となっています。4月から8月まで、全6回を半年かけて行うのですが、専門学校に通うよりは安いですね。でも、市民塾みたいなものと捉えると高い。なかなか手が出ないです。本気で政治家を目指すのであれば、必要な自己投資でしょうか。

 

応募資格について

野田聖子氏の岐阜政治塾公式ホームページでは、応募資格はこのようになっています。

岐阜県在住の女性で、開講日(平成30年4月1日)時点で18歳以上、日本国籍のみを有する方

スポンサードリンク

岐阜県内から女性が集まってくれるのかちょっと疑問です。岐阜県って結構広いですからね。飛騨高山から岐阜市へは車では遠すぎますし、電車も不便です。せいぜい美濃地方とかですよね。

 

政治家になりたい女性が岐阜県内にどれだけいるのだろうと思うと、塾の運営が心配になります。でも、それ以上に岐阜県内から女性政治家を目指す人が出てくるのかどうかが最も気になるところ。

 

普通に主婦代表とか、障害児を持つ母親代表とか、自営業をしているとか、そういう女性もいるかもしれません。社会に出ているから直面する社会問題ってありますからね。

 

でも、政治に関心を持つなら若いうちからが良いです。政治への関心だったり、吸収力の面から言っても。18歳以上は受講可能ということですね。

スポンサードリンク

 

それで、どんな大学が岐阜県内にあるかというと、国立なら岐阜大学があります。ただ、法学部や政治学科などが設置されていません。

 

私立であれば、岐阜経済大学があります。経済や経営に関心があっても、政治に興味があるだろうか。

 

その他は、薬学系や歯学系、女子大などですね。ちょっと政治からは離れていると思います。

 

となると、岐阜県内で本気で政治に関わりたいという意思を持つ女性がどれだけいるのか、かなり少ないのではないかと思うんです。余計な心配でしょうか。

 

ですが、岐阜県内在住でも名古屋の大学に通う学生もいるかもしれないですね。ちょっと希望が!名古屋大学、南山大学、名城大学とか。優秀な学生が多いかもしれないです。

 

女性ということであれば、名門私立椙山女学園大学や金城学院大学は女子大ですね。

 

どうか、熱意のある学生が集まってくれることを祈ります。キャンパス内でパンフレットじゃんじゃん配って欲しいですね。

 

野田聖子さんは祖父からの地盤がありますし、子どものときから政治が身近な存在であったと思います。ですので、特別な方ですよね。

 

野田聖子さんが引き上げて下さるというのであれば、話は別かもしれません。

 

「私がこの人を立派な女性政治家にします!」と野田さんに太鼓判を押してもらえたら、なりやすいかもしれないですね。是非、押してください!

 

まとめ

野田聖子氏による女性政治塾について書いてみました。岐阜県内から政治家になりたいという熱い女性が出てきてくれるのか、かなり疑問なのですが、健闘を祈りたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)