5月10日に木星が見える方角は?肉眼で観測できる時間帯はいつ?

木星 5月




こんにちは、えりえりです!

過ごしやすい気候になる5月。

夜が短くなってきましたが、星空を眺めて天体観測したくなりますね。

 

5月10日(木)から夏にかけてという長い間

地球に木星が近づきます!

木曜日なだけに木星。ダジャレではありませんw

 

肉眼でもしっかりと確認できるということなので

この絶好のチャンスを逃す手はないですね。

 

都会の夜は明るいですが、それでも工夫すれば木星を見ることはできると思います。

ですので、5月の星空の中に木星を見つけてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

木星が5月に見えるのはどの方角?

木星が5月10日から夏にかけて見えるのは

南西から南東の空

 

木星 方角

引用元:産経新聞

 

月と一緒に見えます。

 

土星や火星など、他の惑星も続いて地球に再接近します。

もちろん同じ方角から見えます。

 

2018年の木星はどこに位置しているかというと

てんびん座なんですね。

 

おとめ座のスピカと

さそり座のアンタレスの間を

行ったり来たりするんです。

 

星の動きって面白いですね。

 

5月の木星は日没前に昇ってきます。

宵の頃には南東の空に現れます。

深夜1時ごろには南の空で確認することができます。

 

6月の木星は

宵の頃に南の空に現れ

深夜1時ごろには南西の空で確認することができます。

 

リアルタイムで詳しく知りたい人は

スマホアプリを使うと良いでしょう。

 

時刻と場所を設定すれば星空を再現できるスマホアプリもあるそうです。

スマホをかざした方角の星空を画面に映し出すことも出来ます。

iPhone専用なんですけどね。良かったらインストールしてみてください。

星空シミュレーションアプリ

 

 

木星はが見える時間帯は?

午前2時ごろが一番見える時間帯です。

夜も更けて一番暗い時間帯ですからね。

 

5月10日から8月ごろまでしっかりと見ることができます。

 

木星はとても明るいので、東京や大阪などの街明かりでもしっかりと肉眼で観測することができますよ。

スポンサードリンク

 

本格的に木星を観測したい人は

長野県の国立天文台野辺山

に集まるそうなのですが、

 

マンションの屋上や近所の公園など

出来るだけ明るいところを避ければ

スポンサードリンク

見ることは出来ますよ。

 

木星は何色に見える?

木星は薄茶に見えるそうです。

木星 5月

ちょうどこんな感じでしょうか。

 

木星と呼ばれるほどなので、「木の色」のようですよね。

年輪のようにも見える模様。

 

木星 赤

 

少し赤みがかった色の木星も、これまでに撮影されています。

 

木星の明るさは最も明るいとされる

マイナス2・5等級

 

どんな風に見えるのか楽しみですね!

 

 

まとめ

いかがでしたか。ほぼ1世紀ぶりに5月10日から夏にかけて木星が見えるということで、是非この機会に空を眺めてみたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)