6月28日に土星が見える方角と時間帯をチェック!明るさや色は?

土星 方角




こんにちは、えりえりです!

 

2018年6月28日に土星が地球に最接近します。

ということは、土星が見えるということです。

 

同時に月も地球に接近してくるんです。

 

ほぼ1世紀ぶりという土星の最接近。

気になるのは土星がどの方角から見えるか。

そして、土星が見える時間帯はいつなのか?

 

2018年6月28日の土星について調べてみました^^

 

スポンサードリンク

 

6月28日に土星が見える方角は?

南東の空です。

南西の空から南東の空へと、月と一緒に現れるんですね。

そちらの方角に建物や光があると見えませんから、見やすい良い場所を確保しておきましょう。

 

東京でお勧めの観測場所はこちら

星が見える東京穴場スポット

 

6月28日に土星が見える時間帯は?

東京あたりでは、6月に入ると土星は午後7時半ごろには見え始めます。

最接近すると言われている6月28日には、土星は日の入りよりも早く上ってきます。

スポンサードリンク

土星の明るさは?何色?

土星の明るさを表す等級は

0.1~0.0等級

それほど明るくはないようです。

木星の等級がマイナス2.5等級と非常に明るいので、それに比べると土星の方はあまり明るくないですね。

ですが、肉眼で見えます。

 

何色なのでしょう。

黄色です。

土星って黄色なんですね。土の色でしょうか。

 

土星には輪がありますよね。

あの輪ですが、傾きは15年周期と言われています。

スポンサードリンク

 

2018年6月28日の土星はとても傾いているようなので、望遠鏡を使うとより綺麗に見えるそうです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。土星が見えるのは6月28日です。1世紀に一度しかないチャンス。是非土星を見ましょう^^

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)