7月31日に火星が見える方角は?肉眼で観測できる時間帯はいつ?

7月31日 火星




こんにちは、えりえりです!

100年に一度の大チャンス!火星が地球に最接近するんですね。近づいてきますよ。

火星が見える!!!もしかしたら火星人も見える?!まさか~

肉眼で火星を観測できる機会なんてそうそうないですよね。東京のような都会からでも見えるというのですから、是非7月の夜空を楽しみましょう。

ということで、7月31日に火星が見える方角や時間帯などについて書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

7月31日に火星が見える方角は?

2018年7月31日に火星が見える方角は

南西から南東です。

15年ぶりに地球に大接近します。2016年5月にも火星は接近しました。「スーパーマーズ」と呼ばれ、通常の5倍の大きさに見えたんですね。

2年後の2018年はそれ以上に接近すると言われていますので、もっと大きく見えることでしょう!

 

7月31日に火星が見える時間帯は?

もっともよく見えるときは一晩中見えると言われています。

7月31日の日の入りが18時47分なので19時前後から見え始めると思います。

宵の頃から深夜にかけてだんだんと街の明かりも少なくなっていきますので、やはり深夜1~2時が一番見えやすいかもしれません。

 

火星は肉眼で見える?

見えます!

赤い色をしています。

肉眼で色の感じはわかるそうです。

木星が薄い茶色、土星が黄色なのですが、しっかりと色の違いが認識できますよ。

スポンサードリンク

火星は赤です。火の色なのでしょうか?火の玉のように見えるかもしれませんね。

 

火星はマイナス2等級と言われており、かなり明るい惑星の部類に入ります。

ですから、しっかりと赤い星が見えることでしょう!

肉眼でも観測できますが、もっとよく見たいという方ははやり望遠鏡がお勧めですね。

この機会に購入してみるのも良いかもしれません。今度もスーパームーンだとか、チャンスはやってきますからね。

天体望遠鏡 Vegetable ベジタブル スペースワンダービュー 15倍-225倍 50mm 三脚付 GD-T003 ◆宅

 

 

まとめ

いかがでしたか。7月31日に火星が見える方角や時間帯などについて書いてみました。

 


よく読まれている記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)