六義園の花見2018!しだれ桜や夜桜のライトアップ情報

六義園 夜桜




こんにちは、えりえりです!

今年の花見シーズンが到来しますね。今はちょうど花粉症に悩まされる人も多いと思いますが、春には楽しいこともたくさんあります!

目がかゆい~、鼻水ダラダラ~と泣きそうになっているアナタ、春の訪れはちょっと辛いかもしれませんが、桜を見物して元気出しましょう~!

東京の桜の名所と言えば、目黒川の桜まつりが一番有名ですね。

★目黒川の桜まつりについてはこちら★
目黒川の桜まつり2018!桜の見頃はや開催情報など

東京ではほかにもたくさん有名な場所があるのですが、中でも毎年多くの人が花見見物に来る庭園があります。

文京区にある六義園(りくぎえん)です。

第5代将軍徳川綱吉から最も信頼された川越藩主柳沢吉保が、7年の歳月をかけて造り上げた回遊式築山泉水庭園。

手間暇かけて作られたんですね。当時は重機もトラックもないので、全て人力による手作業だったから、無理もない。一つ一つの作業が人の手によって行われたと思うと感慨深いですね。土を掘り起こすのも、植林するのも、よいしょよいしょって職人さんがやってくれたんですね。

今回は、そんな六義園の魅力あふれる桜の楽しみ方について書きたいと思います。

スポンサードリンク

六義園のしだれ桜

六義園は日本庭園なので、普通にお散歩するだけでも楽しめます。池もあるし、橋もあるし、灯篭も東屋も。

そして、この時期一番の注目はしだれ桜。

しだれ桜と言えば、六義園のシンボル的存在。高さは15メートルもあるんです!高い!!

これがみたくて来園する人も多いです。圧巻です!!!

 

六義園 しだれ

このしだれ桜の周りはとても混み合うので、場所取りは早めが良いでしょうね。といっても、入園時間は9時と決まっているので、行列して待つことになるのかな。

スポンサードリンク

六義園の夜桜

六義園の夜桜ほど妖艶な桜もないでしょう。

夕暮れ時のなんともセクシーな姿。東山魁夷の絵画のような色合い。

六義園 夕暮れ

この昼とも夜とも言えない時間帯。つまり、夕方ですね(笑)。忙しく慌ただしい昼間の時間が終わるころって、ほっとしません?

あ~今日も一日頑張ったぁ、みたいな。夕日が沈むときって、「懐かしい」に似た感情が湧くんですけど、なんだろう陽の差し方のせいでしょうね。

しだれ桜が受ける光が少しずつ変わってきて、寂しいような気持にもなります。まぶしい昼が終わっちゃった~というか。

そして、だんだん暗くなってきて、周りの人の姿もちょっとずつ見えにくくなってきて、夜の時間が近づいてくる。夜って大人の時間ですよね。子どもにとっては、夜に外にいるのはちょっと特別な時間。

スポンサードリンク

本当なら夕方5時のチャイムでお家に帰ろう~ってカラスの歌でも歌いながら帰るところを、夜桜見物のときはまだ帰らなくてもいいんだよって特別に許される時間♪ハロウィンの夜にも似ていますね。帰らなくても良い夜。

六義園 夜桜

ふと、坂本冬美さんの『夜桜お七』が頭の中で流れてきました。やばい、鑑賞中ずっと頭の中でリフレインしそう(笑)。

ライトの色合いによってはこんな風にも見えるんです。かなり濃いめのピンク。

六義園 濃いピンク

こんな色のコートを羽織ったら目立ちますね。先日、そんな女性が走って出勤する姿を見ました。かなり目立ちましたよ。その女性、毎朝見るんですけど、毎日違う色のコートを着ているんです。

そして、だだだーっと公園の横をダッシュで通ってるんです。だからついコートの色をチェックしてしまう。ショッキングピンクをコートの色に選んだ彼女の勇気を褒めたたえたい!

 

ご紹介動画もあるのでご覧ください。

ね?行きたくなるでしょう?

お仕事帰りの女子会やデートにもおすすめ。ロマンチックな雰囲気ですよね。

 

 

六義園の桜のライトアップ

大名庭園のライトアップは期間限定です。

3月21日(祝)~4月5日(木)

普段は17時閉園のところ、期間中は21時まで桜を楽しむことができます。しかも、この期間のみお酒の販売もしていますよ!

ちょっとビールや日本酒などを飲みながら夜桜鑑賞、想像しただけでも最高の気分に浸れますね~!!!

親しい人とワイワイやりながらも良し、少人数でレジャーシートに寝ころびながらちびちびやるのも良し!

つまみを忘れずに。

★美味しいおつまみはこちら★
花見に持っていきたいおつまみ紹介!

美しいものを鑑賞しながら、美味しいものを食べるのって最高ですよね。夜はまだまだ冷えるので、カイロとかあると便利ですよ。

マフラーや帽子などで、しっかり防寒対策してくださいね。花粉症の方はマスクもお忘れなく!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。六義園のしだれ桜や夜桜のライトアップについてご紹介しました。庭園の入場料は300円(65歳以上は150円)とそれほど高くもないので、嬉しいですね。JR本駒込駅から徒歩7分という駅近なのも便利です!駐車場はないので、電車で行ける方は電車がお勧めですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)