カツオノエボシに刺されたら応急処置や薬はどうする?生息地はどこ?

カツオノエボシ 応急処置や薬




こんにちは、えりえりです!

相模湾にカツオノエボシが大量発生して、海水浴客を怖がらせているの知っていますか??

そのニュースを聞いたとき、せっかく行こうと計画していた今年の夏の海水浴、ちょっと迷っちゃったんですけど。。。

でも、ちゃんと対処すれば大丈夫なのだそう。

カツオノエボシに刺されたときの応急処置や薬について書いてみたいと思います。

カツオノエボシの生息地も調べてみました!

カツオノエボシに刺されたら?

カツオノエボシは1~10センチほどの生き物。

1センチと10センチでは、10倍も違うからな~。

大きいのはすぐに目で見てわかるけど、1センチだと小さくて「可愛い~、何これ?」って手で拾い上げてしまいそう。

でも、それは絶対にしてはいけない!!!

カツオノエボシ=電気くらげ 

 

と覚えておいたらいい。それぐらい怖い存在。毒を持っているから。

といっても、くらげの仲間ではなくて、ヒドロ虫の仲間なんだそう。ヒドロ虫って?刺胞動物といって、針を持っている生き物だね。

カツオが到来する時期に海流に乗ってくるらしい。浮袋の見た目が鳥帽子に似ているからカツオノエボシという名前がついたみたい。

カツオノエボシはよく海岸に打ち上げられている。

見た目がピンクやブルーなので、綺麗だからつい触りたくなるけど、我慢してください!

とんでもないことになるので。

そうそう、死んだカツオノエボシでも要注意!

体は死んでいても、毒針はまだ活動できちゃうらしいので、死んで打ち上げられたカツオノエボシも絶対にノータッチですよ。

 

カツオノエボシに刺されたときの応急処置や薬は?

ビーチ際でどんなに注意していても、海で泳いでいてカツオノエボシに刺されてしまったなんていうこともあります。

カツオノエボシも泳いでいますから。

青い海の色とカツオノエボシのブルーとがマッチし過ぎて、気づかないなんてこともあります。

 

もしも、カツオノエボシに刺されてしまったら?

まず第一にやるべきこと、

刺されてしまった患部を海水で洗い流しましょう。

次に気を付けることは、

素手で触らないようにしてカツオノエボシの触手(針みたいな部分)を除去してください。

除去した後は患部を氷水などの冷水で冷やしてくださいね。

そして、すぐに医療機関での治療を受けるようにしましょう。

 

カツオノエボシに刺されたときにやってはいけないことも挙げておきます。

スポンサードリンク
  • お酢をかける
  • 真水をかける
  • 砂をかける
  • のぞきこんだり、触って調べる

これらは、くらげに刺された時の対処法として紹介されていたりしますが、カツオノエボシに刺されたときこれをしてしまうと逆効果になります。

カツオノエボシの毒針を刺激してしまい、炎症の範囲が広がったり、症状が悪化する原因となります。

特に、真水をかけてしまうと、浸透圧の関係で毒が体内に流れ込みやすくなるので、絶対に真水はかけないようにしましょう。

海にいるので、海水をかけることは一番しやすい行為でよかったと思います。海のものは海のもので対処するのが一番なのですね~。

砂をこすりつけるのも良くないんですよ。覚えておいてくださいね。その砂の中に、またカツオノエボシが入っていたら、悲惨な結果になるしね。

患部をのぞきこんだり、触って調べることによって、毒針を刺激しかねません。

刺激された毒針は発射されます。

慎重に、慎重に、対処していきましょう。

日焼け防止効果のあるくらげ除けローションというのもあるそうなので、是非そちらを試してみるといいかもしれないですね。

子供用もあるようです。

SAFE SEA 日焼け止め クラゲ予防ローション アドバンス UVA UVB キッズ SPF50 50ml
Maneuverline(マニューバーライン)

 

カツオノエボシの生息地はどこ?

今年は7月上旬で、相模湾に大量発生中!

小田原市や逗子市にかけての海岸で見つかっています。

なんとその数、約600匹。

海岸にいるってことは、砂浜にもいる。国府津海岸では50匹ほどが打ち上げられていたというから、ビーチをはだしで歩けませんよね。

絶対に靴かサンダルを履いていないと。

でも、ビーチサンダルって露出度高いから、じゃりって足が埋まった瞬間、砂とも接してしまう。

うっかり、足が砂の中に入ってしまうこともあるし。ビーチサンダルも考え物だな~。しっかりしたシューズで足を覆ってあげるのが一番安心^^

平塚市にも350匹いるのが発見されました。

大磯、藤沢、鎌倉などでも20~100匹は見つかっている状況。

南風が強いと打ち上げられる傾向にあるみたい。

風の向きがこれほど生物に影響しているとはね。

よく天気予報やニュースで、風向きって発表されているけど、そういうのも少しはお出かけの参考にしたらいいね。

三浦半島や伊豆半島によく発生するらしいです。三浦の海は素敵だけど、本当に気を付けて!!!

 

まとめ

カツオノエボシに刺されたときの応急処置や薬について、またカツオノエボシの生息地について書いてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)