北朝鮮と日本が戦争をする可能性は?目的をわかりやすく解説

北朝鮮 日本




こんにちは、えりえりです!

北朝鮮と米国が首脳会談を開いたことが話題になりましたよね。

2018年6月12日に、金正恩委員長とトランプ米大統領が米朝首脳会談を開きました。場所はシンガポール。こういう難しい首脳会談って、自分や相手の国では行わないものなのですね。モンゴルのウランバートルも候補地になっていたそうです。

結局は、平和のため、両国の繁栄のための約束を交わしたということ。北朝鮮が非核化に向け、取り組むことも共同声明で発表しました。北朝鮮の核の抑止は、日本としても求めているから、良かった~と思えたんですが。今後、北朝鮮はどんな動きをするのでしょうね。

米朝首脳会談では、包括的かつ誠実な意見交換がされたようです。日本のことも話題になったのでしょうか?

北朝鮮は、どうやら日本が敵対行為をしているとおもっているようです?北朝鮮に対する敵対行為??北朝鮮は日本が戦争をもちかけていると思っているのでしょうか。

そもそも、北朝鮮と日本が戦争する目的って何なのでしょう。北朝鮮と日本は戦争をする可能性があるの??

 

北朝鮮が日本と戦争する目的は?

朝鮮中央通信(KCNA)が発表した内容。

日本は平和と安全に関する野心を正さなければ、日本が無視されるという結末が避けられないということに気付くだろう

平和と安全を求めるのは、どの国でも同じでしょう?「野心」ってどういうこと。日本が平和と安全を求めることを悪いことのように言っているような…。よくわかりませんね。で、北朝鮮は日本を無視することになるのだとか。

確かに、北朝鮮は中国、韓国、米国とは首脳会談を開催しています。相次いで。ですが、日本とはまだ首脳会談を開催していないんですよね。

このとき、朝鮮中央通信(KCNA)は拉致被害者については何も言及してないんですよね。日本にとっては、大事な問題なのに。日本が北朝鮮に対して要求する第一事項は拉致被害者全員奪還ですよね。

スポンサードリンク

北朝鮮によるミサイル発射に備えて実施している避難訓練を、日本政府が廃止しなかったこと。それがどうやら非難されているみたいです。でも、米朝首脳会談の内容を受けて、日本としても当面避難訓練は中止する方針を示しています。

北朝鮮の最終目標は、金正恩委員長らの金ファミリーによる独裁政権の維持ですよね。他国を威嚇するために、核兵器やミサイルを持ったり、核実験を行ったり。これは、パフォーマンスだけという部分もあるんです。

だから、日本を北朝鮮の植民地あるいは属国にして、コントロールしたい気持はあるのでしょう。日本には優秀な人材もあるし、経済的な面ではたっぷりお金はあるし、技術もあす。北朝鮮は日本を取り込んで、欲しくてたまらないでしょう。

北朝鮮と日本が戦争する可能性は?

ほぼ無しと見てよいでしょう。

日本を敵にまわすということは、米国を敵にまわすのと同じ。

米朝首脳会談をしたばかりで、米国とは良好な関係を作る方向になりましたからね。

米国が軍事行動をとる場合、戦術核を使用して、北朝鮮を15分程度で陥落させることができます。もちろん、北朝鮮はそのことを知っていますから、米国を敵にまわすようなことはしないでしょう。

北朝鮮国内の一般市民に甚大な被害が出ますよね。そんなことになったら、北朝鮮は国民を失い、国力を失ってしまう。さすがの金正恩委員長もそれぐらいの計算はしてるはず。米国の狙いは、核の完全放棄ですから。じわじわと核の完全放棄に向けて戦略を進めています。

日本にとっては、拉致被害者全員奪還という大きな課題があるんですけどね。

まとめ

北朝鮮と日本が戦争をする目的は何なのか。北朝鮮と日本が戦争をする可能性はあるかどうかについて、書いてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)