オリンピックチケット抽選直前に転売禁止法!落選してもネットで定価で購入できる?

オリンピック チケット




こんにちは、えりえりです!

今日からチケット転売禁止法が施行されました~。

なぜこのタイミングで施行なのかって?

そりゃあ、もちろんオリンピックチケットの抽選結果発表が来週6月20日にあるからだと思います。

チケットの価格は2,000円ぐらいのものから開会式や閉会式などは豪華なので30万円ぐらいするらしい。。

高いですね~。しかも一人分じゃなくて、何人か分となると。。。100万円とかいっちゃうかもしれない。

そんな高額なチケットだけど、今回のチケット転売禁止法でちゃんと正規価格で売買できるのか気になるところですよね。

待ちの声を聞いてみましょう。

あと、どんなチケット売買サイトがあるのか見てみましょう。

 

チケット転売禁止法が施行されたタイミングがすごい

ちょうど今日なんですよね。

6月14日に施行。ツイッターでも話題になってます。

 

オリンピックチケット抽選結果直前に

オリンピックチケットの当選発表は6月20日。

だから、直前での施行にグッドタイミング!

狙ってますよね~。

そうとしか思えない。

施行されてから何カ月も経過すると話題性が乏しくなるから。

あえてこのタイミングだったのでは?という気もします。

 

ダフ屋は消える?

よくコンサート会場の入り口付近にいるダフ屋。

このチケット転売禁止法が施行されたことでダフ屋が消えるのか。

消えるといいけど。

 

オリンピックチケットは定価で購入できるよね?

できるはずです。

定価購入できるために、チケット転売禁止法が施行されたのですから。

スポンサー企業が良い席取ってたりして、ちょっと不公平感はあるけど。。

一般人には抽選ということで、一応公平性は保たれているかな。

 

オリンピックチケットは転売禁止で

オリンピックチケットは転売できないでしょうね。

抽選で当選した人のみ。

その人がネットオークションにかけたら、即罰せられるでしょう。

ヤフオク!とかチケットキャンプとかでは流通しないと思います。

https://twitter.com/xll7txvd6sRwe7V/status/1135507136467701760

でも、悪徳業者とはどこにもいるもので。。。

こっそりどこかで取引とかはありそう。

偽造は完全に犯罪。

でも、裏でこういうビジネスのあるのかな。。。怖い。

 

ネットでチケット購入できるサイトはどこ?

ネット上でチケットを購入できるシステムは便利。

いくつかあるのでご紹介したいと思います。

 

チケット売買サイト7選

今よく利用されているチケット売買サイトはこちら。

  1. チケット流通センター
  2. チケットストリート
  3. Tiffoo
  4. StubHub
  5. viagogo
  6. e+(イープラス)
  7. チケトレ

チケット代金の保証もあるし、安心ですね。

ただ、定価プラス取引手数料やシステム手数料がかかるのが。。。

転売されて高額になるよりは全然マシですけどね。

 

オリンピックチケットは販売されるか?

なにしろ転売禁止法が施行されたので、オリンピックチケットが普通に市場に出回る可能性はかなり低い。

売買してはいけないということだから。

今回は抽選だし、ネット上で売買されることはまずないと言ってよいでしょう。

個人的な売買ならあるかも?

それは合法的なんだろうか?

知人友人に定価で売るのはアリ?

空席を心配する声もあり、定価より安く売るのは自由にさせて欲しいという声も。

確かに無駄になってしまう席はもったいない。

だったら、安く誰かに買ってもらった方がよいわけで。

 

まとめ

オリンピックチケットの抽選発表直前に施行されたチケット転売禁止法。

話題を呼んでいますが、公正な価格で、定価で販売されることが目的ですよね。

ダフ屋が消えるといいな~とは思いますが、違う手口で儲けを狙う人もいるのか?

普通にチケット売買サイトでは流通しないと思いますが、個人間で売り買いするのは許される範囲なのかな、と。

最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)